浮気証拠の集め方。言い逃れさせない4つのポイント

信頼していた配偶者の浮気。これはとてもショックな出来事ですよね。

しかしながら、冷静さを無くして感情的になってしまうのは逆効果です。あなたが感情的になると相手も感情的になり、浮気を認めようとしないかもしれませんよね。

だからこそ浮気証拠の集め方を知っておくことは大切なのです。相手が言い逃れできない証拠があれば、話し合いを有利に進めることができますよね。

浮気証拠を上手に集めるポイント。あなたも知りたいと思いませんか?

そこで本日は、浮気の証拠の集め方を4つ解説してみたいと思います。相手にばれないように証拠を集める方法等もご紹介致しますので是非参考にしてみてください。

証拠の写真・ビデオは相手の顔が見えるように撮る!

写真やビデオは浮気の決定的な証拠になる可能性の高い物です。ですから正しい写真や動画の撮り方を知っておく必要がありますよ。例えば、

  • 写真や動画は相手の顔がはっきり見えるように取る。
  • 日付を入れる。
  • ホテルなどに出入りしている場合は最低5回写真を撮る。
  • 浮気相手のアパートに通っている場合は部屋の明かり具合なども記録する。

浮気の証拠写真や動画を撮る場合はこのようなポイントを意識して撮る必要があります。これはプロの探偵も使っている方法ですよ。

自分で浮気の証拠写真を撮影する場合の参考にしてみてくださいね。

状況証拠も大切!浮気を匂わす物はすべて保管!

携帯のメール・通話記録・レストランや飲食店のレシート、クレジットカードの明細表等も証拠品として扱われることがあります。浮気を匂わす物はすべて保管してください。

とはいえ、配偶者の携帯に残されているメールや通話記録をすべてチェックするのは大変ですよね。配偶者にばれてしまう可能性もあります。その場合は配偶者の通話内容データを自分の携帯に転送し、その後履歴を消しておきましょう。このようにすれば、相手の見えないところでじっくり証拠探しをすることができます。携帯のデータをまるごと転送するソフトなどもあるので活用すると良いでしょう。

配偶者の財布に入っているレシートやゴミ箱に捨てられているレシートも忘れずにチェックして取っておくといいですよ。

これらの証拠は浮気の決定的な証拠になる物ではありませんが、浮気の状況証拠として活用できる可能性が高いと言われています。

記録は強力な武器!日記を毎日付ける!

浮気の証拠集めとして日記を付けるのも効果的です。

配偶者の言動やしぐさ、服装等を細かく日記に付けてください。日付やその日の天気なども書き加えておくと証拠としての信頼性が高まると言われていますよ。日記を書く場合は消すことができないボールペンを使いましょう。

日記と写真撮影をセットで行なうのも証拠集めの効果的な方法ですよ。

一人より大勢の方が断然有利!親しい友人に証人を依頼!

配偶者の浮気を知っている友人がいるならその友人に証人として「宣誓供述書」を書いて貰うことができます。証人がいると当然ながら離婚調停や離婚裁判を有利に進めることができるでしょう。

とはいえ、プライベートなことを他人に話さなければならないので本当に信頼できる友人に依頼することが大切ですよ。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では浮気の証拠の集め方を4つご紹介しました。

  • 相手の顔がはっきり見えるように写真やビデオを撮る
  • 浮気を匂わす物はすべて保管する
  • 毎日日記を付ける
  • 親しい友人に証人を依頼する

言い逃れできない証拠を集めるためにこれら4つのポイントが役立ちます。

しかしながら浮気の証拠集めはとても根気が必要です。自分で証拠集めをしていて相手にばれてしまう可能性もありますし、証拠を集めている途中で感情的になる可能性もあるでしょう。

自信や経験が無い場合はプロの探偵に証拠集めを依頼するのがオススメです。