浮気を見破るにはどこを見ればわかる? 必須のチェックポイント5つ

パートナーが浮気しているかも・・・
浮気のシグナルはちょっとしたところから漏れてくるもの。
浮気を見破るには、相手を注意深く観察することが不可欠です。
浮気しているとどうしても挙動不審になりがち。
いつもと違う行動をとったり、言ったことのない言葉を言ってみたり・・・
浮気している本人は隠しているつもりでも、よく見ていれば絶対に見抜けるものなのです。
そこで今回は、パートナーが浮気しているかどうかを見破るポイントをご紹介していきましょう。

スキンシップを避けるようになる

今日は疲れているから、眠いから・・・
そんな理由で夜の営みを避ける回数が極端に増えたら、浮気している証拠かも知れません。
「極端に増える」というのがポイントで、立て続けに断られたら浮気が疑われます。
また、手をつなぐ、肌に触るなどのスキンシップも避けるようになります。
付き合いが長くなるとスキンシップは減っていくものですが、今まで普通にとっていたスキンシップを突然いやがられるようになったら要注意です。
特に手をつなぐ、キスをするといった二人の愛情を確かめ合うようなスキンシップを避けるのは後ろめたい証拠。
あなたに対する気持ちも冷めてきているのかもしれません。
スキンシップのチェックは必須ですね。

二人でいる時に電話に出ない

二人でいるときや家族といる時、浮気相手からの電話には出られません。
二人でデートしている時や出かけている時、家にいる時・・・どんな時でも、二人でいる時に電話に出なかったら、浮気が疑われます。
鳴ったケイタイを見て、さりげなく遠くへ押しやり、電話に出ない・・・
そんな仕草が見られたら浮気のサインです。
また、お風呂場にまで持ち込もうとするなど、常に肌身離さないような場合も同じです。
ケイタイは最も浮気を見抜きやすいアイテムです。
注意深く観察してみましょう。

帰宅してからも外出したがる

仕事から帰宅したのに、コンビニに行ったり本屋に行ったりしたがる。
ケイタイを持っていそいそと外出していく。
それは、外出して浮気相手に会っていたり、電話をかけたりしている可能性があります。
コンビニに行くと言って出かけた場合、カモフラージュのために何かを買って帰ることが多いはずです。
買って帰ったものを見て、どうしてもいま必要でないものを買ってきたら十分浮気が疑われますね。
しかも、その回数が格段に増えるときが一番要注意です。
最初は週1ぐらいだったけど、最近は2日に1回は帰宅後に外出している。
そんな場合は、しばらく注意して観察していきましょう。
続くようなら浮気が疑われます。

極端に会う時間が減る

週1回会っていた恋人が2週間に1回になり、さらに会う回数が減って・・・
会う回数が減るのは分かりやすい浮気の証拠です。
今までとは違う曜日に会うようになった、という場合も要注意ですね。
浮気相手と会う回数を増やしている可能性があります。
単身赴任している旦那さんの場合も同じ。
週末必ず帰ってきていたのに月1回しか返ってこなくなる、という変化があったら浮気のサインです。
ただ、長く付き合うと会う回数は自然と減ってきたりするので、その辺の見極めは重要です。
他の浮気を見抜くポイントと合わせてチェックしていきましょう。

パソコン・手帳・ケイタイに触っただけで怒る

パソコンやケイタイ・手帳は浮気の証拠がたくさん詰まっているアイテム。
特にケイタイはメールという動かない証拠が詰まっています。
こういったアイテムに触っただけで怒る、移動させたら烈火のごとく怒った・・・など、極端に触られるのを嫌がるようになったら浮気を疑いましょう。
プライバシーを見られるのは誰でも嫌がるものですが、触っただけで怒るというのは極端な行為です。
また、怒りが鎮まった後「疑ってるの? 疑ってるなら見てもいいよ」などとヤケクソ気味に言ってきたらさらに要注意。
証拠隠滅した後のケイタイやパソコンを見せて安心させておこう・・・そんな魂胆が見え隠れします。
相手はフォローのつもりですが、証拠隠滅後のケイタイを見せるのは浮気をしている人の常套手段です。
優しくフォローされたときこそ浮気を疑え! ということですね。

浮気を見破る方法まとめ

  • スキンシップを避けるようになる。
  • 二人でいる時に電話に出ない。
  • 帰宅してからも外出したがる。
  • 極端に会う時間が減る。
  • パソコン・手帳、ケイタイに触っただけで怒る。

これらのポイントを注意深く観察するだけで十分浮気は見抜けます。
このポイントのほかにも、いつもと違う行動をするようになりその行動が続く、という時は強く浮気を疑ったほうがいいでしょう。