不倫の慰謝料相場はいくらぐらい? 慰謝料請求に必要な条件や流れを解説!

「不倫で慰謝料請求はできるのか」「慰謝料の相場がいくらぐらいなのか?」など、不倫の慰謝料請求や相場について疑問を感じている方は多いでしょう。慰謝料請求はとてもナイーブなことですし、ケースバイケースで金額も大きく変わります。スムーズに慰謝料請求を行うためには、ある程度、知識を身につけておかなければなりません。

そこで、本記事では、不倫の慰謝料請求やだいたいの金額について説明します。

  1. 不倫で慰謝料請求はできるのか?
  2. 不倫の慰謝料相場
  3. 不倫で慰謝料請求をする流れ
  4. 不倫の慰謝料請求をする際の注意点
  5. 不倫の慰謝料請求に関してよくある質問

この記事を読むことで、不倫の慰謝料請求をする流れや注意点なども分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.不倫で慰謝料請求はできるのか?

最初に、不倫で慰謝料請求はできるのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.不貞行為があったかが大きなポイント

不倫で慰謝料請求はできますが、不貞行為があったかどうかが大きなポイントとなります。不貞行為とは、既婚者が配偶者以外の異性と自由な意思で性行為・肉体関係を持つことです。婚姻関係を結ぶと貞操義務が課せられます。配偶者以外の異性と性行為をすることは、配偶者に対する不法行為だとみなされるのです。なお、性行為や肉体関係まで至らずとも、一緒にお風呂に入ったり、愛撫(あいぶ)をしたりするなど性的に密室な関係を持つことも不貞行為となります。

1-2.慰謝料請求できないケースも

不倫をしたからといって、すべてのケースで慰謝料請求ができるわけではありません。ケースによっては慰謝料請求ができないときもあります。たとえば、不貞行為をした者に故意や過失がないことです。不倫をした本人が既婚者であることを隠していた場合、浮気相手には故意・過失がないと判断され浮気相手への慰謝料請求はできません。たとえ、配偶者に慰謝料請求をしたとしても、離婚をしない限り、同じ家計から慰謝料が払われることになるので意味がないでしょう。
また、時効も存在しています。不貞行為における慰謝料請求権は不貞行為をされた事実とその相手を知ったときから3年、不貞行為の関係が始まってから20年間が経過すると権利を主張することはできません。さらに、すでに婚姻関係が破綻しており、法律上夫婦として認められないケースも、慰謝料請求ができないので注意が必要です。

2.不倫の慰謝料相場

それでは、不倫の慰謝料相場がいくらぐらいなのかチェックしていきましょう。

2-1.相場は約50万~300万円

あくまで目安となりますが、不倫における慰謝料の相場は約50万~300万円です。不倫といってもケースバイケースですので、慰謝料の金額も人それぞれで異なります。不倫はあっても離婚・別居しないケースは慰謝料の相場が約50万~100万円、不倫が原因で離婚する場合は約200万~300万円と上がるでしょう。配偶者と関係を続けるか、離婚するかの選択によって慰謝料の金額が大きく変わることになります。

2-2.慰謝料が多く認められやすいのは?

婚姻期間が長く、不貞行為が原因で離婚する場合は、慰謝料が多く認められやすいケースといえるでしょう。婚姻期間が長いということは、それだけ夫婦としての時間を過ごしてきたという証拠です。法律的な観点から、婚姻期間が長く不貞行為が原因で離婚するほど、不倫された側は精神的なダメージを受けると考えられています。不倫による慰謝料は、不倫された側がどれだけ精神的ダメージを受けたかによって金額が決まりやすいのです。そのため、結婚して数か月の夫婦よりも、何十年と婚姻関係を結んできた夫婦のほうが、慰謝料は多く認められるでしょう。また、子どもの有無も、裁判所が慰謝料を算出する際の判断材料となります。

2-3.慰謝料が少なくなりがちなケース

逆に、慰謝料が少なくなりやすいのは、不貞行為をされる前から夫婦関係が悪化していたケースです。円満な夫婦であればあるほど不倫されたときのショックは大きく、慰謝料の金額も増える傾向にあります。けれども、不倫をする前から夫婦関係が悪化しているのであれば、それほど精神的ダメージを受けないと判断され、慰謝料が少なくなってしまうのです。また、すでに不貞行為についての慰謝料を受け取っているケースも、慰謝料の金額が少なくなるでしょう。裁判上で判断される前に、不倫をした本人がもう一方の配偶者にお金を渡した場合、裁判所がすでに慰謝料としていくらか支払われていると判断されるからです。

3.不倫で慰謝料請求をする流れ

ここでは、不倫で慰謝料請求をする流れを説明します。

3-1.交渉による慰謝料請求

まずは、不倫をした本人や不倫相手と話し合うところからスタートするでしょう。いきなり裁判に持ち込むというケースはほとんどありません。交渉による慰謝料請求の場合、書面または口頭で請求する2つの方法があります。それぞれのメリットとデメリットは以下のとおりです。

<書面での請求>

  • メリット:言い分が書面で明確に示せる・主張の組み立てに時間がかけられる・相手にこちらの本気度が伝わりやすい
  • デメリット:時間がかかる・責任逃れをしようとする相手に考える時間を与えてしまう

<口頭での請求>

  • メリット:早期解決の可能性が高くなる・考える時間を与えずに追及できる
  • デメリット:後で「いった、いわない」という争いに発展しやすい・自身での交渉は失敗のリスクがある

3-2.最終的な手段は裁判による慰謝料請求

書面や口頭で交渉をしてもなかなか決まらない・慰謝料を請求しても認めてもらえないという場合は、最終手段として裁判に持ち込む方法があります。裁判での慰謝料請求では、最初に裁判所へ訴状を提出しなければなりません。そして、訴訟の提起を行い、不倫をした本人や不倫相手と争うことになります。訴訟を提起する際、浮気相手の反論とそれに対する自身の再反論という流れで裁判手続きが行われるでしょう。手続きが進行中であっても、裁判所から和解申告を打診されるケースがほとんどで、和解案が双方で折り合えば和解で解決するのが一般的です。和解に至らなかった場合は、裁判所が慰謝料の金額を判断し、判決が出されることになります。

4.不倫の慰謝料請求をする際の注意点

ここでは、不倫の慰謝料請求をする際の注意点をいくつか紹介します。

4-1.不倫の証拠をつかむことが大事

不倫で傷ついたからとすぐに慰謝料請求ができるわけではないので注意してください。慰謝料請求を認めさせるためには、まず、不倫の証拠をつかんでおかなければなりません。不倫の証拠をつかまないまま、相手に慰謝料を請求しても不倫を認めずに逃げられてしまう恐れがあるからです。後で不倫の証拠をつかもうとしても、相手が警戒してしまい、証拠を押さえるのが難しくなってしまうでしょう。そのような事態にならないためにも、最初に不倫の証拠をつかむことが大切です。不倫の証拠は自分でもつかむことはできるのですが、素人が不倫調査をするのは困難でしょう。確実に証拠をつかむためにも、探偵事務所に依頼することをおすすめします。

4-2.不倫の証拠として有効なものは?

不倫の証拠をつかもうとする際、どのようなものが不倫の証拠として有効になるのか分かりませんよね。不倫の証拠として有効になるものは以下のとおりです。

  • 不倫相手とラブホテルに入っていく現場の写真
  • 不倫相手と旅行に行っている動画・音声データなど
  • ホテルや旅館などの利用明細
  • 肉体関係があったことが分かる内容のメール・LINE
  • 不倫している様子が分かるSNSの投稿
  • 配偶者が不倫相手と同棲(どうせい)している住民票の写しなど

4-3.関係を続けるか、別居・離婚するか

不倫をした本人に慰謝料請求をする場合、このまま関係を続けるか、別居・離婚するか自分でハッキリと決めておかなければなりません。なぜなら、夫婦関係を続ける場合、慰謝料請求をしても夫婦の財産から金額を差し引くことになるからです。これからも一緒に生活を続けるわけですから、不倫をした本人に慰謝料を請求しても意味がありません。離婚する際は慰謝料請求が可能ですが、別居を選択する際も婚姻費用として請求する方法があります。婚姻費用とは、別居中の夫婦で収入が多いほうから少ないほうに支払う生活費のことです。

4-4.不倫相手にも慰謝料請求する際の注意点

不倫相手にも慰謝料を請求する際は、いろいろなことに注意しておかなければなりません。まず、不倫相手に慰謝料を請求する条件を満たす必要があります。不倫をした本人が既婚者であることを隠したまま不倫をしていた場合、不倫相手には故意・過失がないとみなされ、慰謝料請求ができません。不倫されたからといって必ず不倫相手にも慰謝料請求ができるとは限らないので注意してくださいね。

5.不倫の慰謝料請求に関してよくある質問

不倫の慰謝料請求に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.慰謝料と示談金の違いとは?
A.慰謝料は精神的・肉体的な苦痛に対する賠償金額のことで、示談金は当事者同士の合意で解決する際に支払う金額のことです。裁判所の手を借りずに当事者同士の話し合いで和解できるのであれば、示談金のほうがいいでしょう。慰謝料は裁判所の手を借りずに支払うことが多いため、訴訟を提起する側もそれなりの負担を感じることになります。ただし、示談は原則としてやり直しができません。いったん、示談をしてしまうと後で異なる事実関係が判明したとしても取り消しはできませんので、その点は注意してください。

Q.確実な証拠がない場合の対処法は?
A.どうしても不倫の証拠をつかむことができない場合は、話し合いによって慰謝料の支払いや離婚条件を決めることになるでしょう。実際に、離婚は話し合いによる離婚協議がほとんどです。お互いの合意できる条件を提示すれば、すぐに離婚ができ、慰謝料請求もスムーズに進められるでしょう。確実な証拠がないと有利に進めることはできませんが、相手が納得できる条件を提示すれば問題ありません。

Q.時効直前に慰謝料を請求する方法は?
A.裁判を起こす方法と内容証明郵便を送付する方法があります。時効が近づいているため、時効を止める方法を活用することが大切なポイントです。裁判を起こすと訴えを提起した時点で時効に猶予期間が与えられることになります。そして、確定判決によって権利が確定した瞬間、時効のカウントがゼロになるのです。また、内容証明郵便を使って慰謝料を請求すると、催告をしたときから6か月間は時効の完成が猶予されるでしょう。その間で交渉での解決を図れば、時効の心配もありません。

Q.慰謝料の増額要素になる事情は?
A.代表的な慰謝料の増額要素は以下のとおりです。

  • 不貞をやめるように伝えたのにもかかわらず、関係を継続し不貞行為をした
  • 不貞行為が原因で別居や離婚に至った
  • 婚姻期間が長い
  • 夫婦の間に未成熟の子どもがいる
  • 不貞行為の期間が長い(約2年以上)
  • 肉体関係の回数が多い(数十回)

Q.探偵事務所選びのポイントは?
A.探偵事務所の中には、不正を働く悪徳業者が存在しているので注意が必要です。どの探偵事務所に不倫調査を依頼すればいいのか分からない場合は、下記のポイントを参考にしましょう。

  • 探偵業の許可を取得しているか
  • 調査内容や料金設定が明確になっているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 探偵員やスタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • どのような質問でも分かりやすく答えてくれるか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 口コミや評判がいいか
  • アフターフォローが充実しているか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の探偵事務所を比較するといいでしょう。比較することで悪徳業者かどうかを見極めやすくなります。なお、千葉県を中心に探偵業を行っているアヴァンスでは、年中無休で無料相談が可能です。不倫や慰謝料でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

不倫の慰謝料相場は、約50万〜300万円と非常に幅広い特徴があります。夫婦関係の状況や婚姻期間、不倫相手とどのくらい不貞関係を続けていたのかなど、さまざまな要素を踏まえて金額が決まるからです。また、不倫されたからといって、必ず慰謝料請求ができるとは限りません。さらに、慰謝料請求をするためには、不倫の証拠が必要となります。自分で証拠をつかめない場合は、探偵事務所に依頼するといいでしょう。