離婚の時の財産分与は? こんな時はどうする!?

3組に1組のカップルが離婚すると言われている現在、離婚のもつマイナスイメージはすっかりなくなったように感じられます。しかし、いざ離婚をしようとするとそう簡単にはいきません。特に夫婦間でこじれやすいのが財産分与。離婚とセットのように語られる「慰謝料」も財産分与の一種です。

いざという時に少しでも参考になるように、財産分与とはどういうものかを簡単にまとめてみました。

  1. 夫婦で分けなければならない財産は?
  2. 慰謝料は必ずしも発生するわけではない
  3. 一番の問題は住宅ローン
探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.夫婦で分けなければならない財産は?

離婚時に夫婦で分けなければならない財産は、結婚後にふたりで築いた財産です。具体例を挙げると、夫婦二人で生活しているときに買った家具、家電製品、住宅、車など。貯金や有価証券なども共有財産に当たります。働いているのが夫や妻だけだったとしても、夫婦で協力して築いた財産とみなされますので平等に分けなければなりません。

逆に、分ける必要がない財産は夫婦がそれぞれ独身時代に貯めた貯金、買った有価証券、土地等が挙げられます。また、婚姻中でもどちらか一方が相続した不動産などは、共有財産には当たりません。別居中に築いた財産、買った品物なども分ける必要はありません。

2.慰謝料は必ずしも発生するわけではない

離婚というと慰謝料を連想する人もいますが、離婚したときに必ずどちらかが慰謝料を払わなければならない、というわけではありません。慰謝料が発生する離婚とは、

  • 夫婦どちらかが浮気 ・不倫をした
  • 夫婦どちらかがDVを働いた

といったケースです。これら以外の離婚で慰謝料が認められることは実は少ないのです。

また、いくら慰謝料が発生するケースとはいえ相場というものがありますから、法外な金額を請求することもできません。

3.一番の問題は住宅ローン

離婚したときに一番問題になりやすいのが住宅ローンです。どちらか片方の名義になっている場合はまだスムーズにいくのですが、共同名義になっている場合はどんなに気に入っている家でも処分をした方が後々問題になりにくいでしょう。なぜなら、住宅ローンは離婚したからといって免責になることはありません。

また、名義変更をしようと思っても、ローンが残っている間は銀行は基本的に名義変更に応じてくれないのです。「離婚しても夫婦でローンを払っていく。」「ローンを慰謝料代わりに夫が払い、妻が家に住み続ける。」というケースもありますが、これは夫や妻が約束を保護にして行方をくらましてしまった場合、残された相手にある日突然多額の請求がきます。

実際に公正証書まで制作したにもかかわらず、離婚した夫が自分の分のローンを払わなくなり、共同名義だった妻が自己破産をしたという事例もあるのです。共同名義で住宅を購入し、なおかつどうしても住宅を残して相手にもローンを払い続けてほしい場合は、弁護士に相談してローンを滞納した場合はどうするか等の綿密な戦略をたてる必要があります。

まとめ

こうしてみると離婚がいかに面倒なことが良くわかりますね。可能ならば末永く夫婦円満でいられるように夫と妻、双方が努力を続けたいものです。

このブログを読んで役に立ったと思ったらシェアしてもらえると嬉しいです。