盗撮器の発見方法3つ! 仕掛けられやすい場所や予防のポイントも紹介

「盗撮器の発見方法について知りたい」「どうすれば被害を防ぐことができるのか?」とお悩みではありませんか? 最近は盗聴器を容易に入手できるようになったこともあり、「知らない間に家の中を盗撮されていた」という被害にあうケースもあります。今や誰にでも盗撮被害にあう可能性があるのです。

この記事では、盗撮器が仕掛けられやすい場所や発見方法・被害を防ぐポイントなどを詳しくご紹介しましょう。

  1. 盗撮器について詳しく紹介
  2. 盗撮器が仕掛けられやすい場所は?
  3. 盗撮器が仕掛けられた事例
  4. 盗撮器を発見する方法
  5. 盗撮器の被害を防ぐポイント
  6. 盗撮器被害に関するよくある質問

この記事を読むことで、盗撮被害の実態や、自分で盗撮器を探す方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

探偵への調査依頼を検討している方はこちらもチェック!

1.盗撮器について詳しく紹介

まずは、盗撮器とはどのようなものなのか、概要や種類を解説します。

1-1.気づかれずに撮影できる超小型カメラ

盗撮器は簡単にいうと「隠しカメラ」のことで、人に気づかれずに盗撮ができる超小型カメラです。一昔前までは芸能人の私生活を盗み見するためや、配偶者の不倫現場を撮影するためなどに利用されることが多くありました。しかし、現在は盗撮を行う犯罪グループも増えてきており、どんな人でもその被害にあう可能性が出てきているのです。

1-2.設置型と移動式の2種類がある

盗撮器を大きく分けると設置型と移動式の2種類があります。設置型には「電波タイプ」と「録画タイプ」があり、電波タイプは撮影した映像を別のモニターに送信することが可能です。録画タイプにはSDカードが内蔵されており、映像を見るためにはSDカードを回収しなければなりません。一方の移動式は持ち歩きが可能で、どこでも使用することができます。ペン型やスマホのモバイルバッテリー型などさまざまな形のものがあり、盗撮器であることを見分けるのが難しいのが特徴です。

2.盗撮器が仕掛けられやすい場所は?

特に盗撮器が仕掛けられやすい場所には、以下のようなものがあります。

2-1.人が常にいる場所に仕掛けられることが多い

盗撮器が仕掛けられるのは、人が常にいる場所です。盗聴器との大きな違いはそこでしょう。特に仕掛けられることが多いのは、照明器具の内部や上・コンセントの周辺・電化製品の内部・ぬいぐるみの中などです。人の視界に入りにくく、かつ部屋を見渡しやすい場所が狙われやすいので注意してください。

2-2.自宅以外に仕掛けられる場合も

盗聴器が仕掛けられる場所は自宅に限りません。ホテルや銭湯など公共の場に仕掛けられている場合もあるのです。この場合、特定の人物を狙って仕掛けているわけではありませんが、いつどこで盗撮されているか分からないということを覚えておきましょう。

3.盗撮器が仕掛けられた事例

盗撮器が仕掛けられた事例にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

3-1.自宅に侵入された形跡があった

何者かが自宅に侵入した形跡があり、調査したところ、部屋から盗撮器が発見されたケースです。仕掛けたのは元交際相手で、別れる際に作った合い鍵で侵入したことが分かりました。このように、「誰かが家に入った形跡はあるが、何も盗まれていない」という場合、盗撮や盗聴目的で侵入された可能性が高いでしょう。

3-2.賃貸物件の前住民が仕掛けられていた

賃貸物件に入居する際に調査したところ、盗撮器が仕掛けられていることが発覚した事例もあります。前の住民が盗撮のターゲットにされており、引っ越し後もそのまま盗撮器が仕掛けられたままになっていました。また、前の住民が興味本位で盗撮器を仕掛けて引っ越した例もあります。

3-3.嫌がらせ目的で仕掛けられた

近所トラブルが原因で嫌がらせを受け、自宅に盗撮器を仕掛けられた例も報告されています。特定の家を監視することで相手の弱みを握ろうとして起こした犯行でした。

4.盗撮器を発見する方法

仕掛けられた盗撮器を発見する方法をまとめました。

4-1.目で探す

まずは、自分の目で見て探す方法です。盗撮器が仕掛けられやすい場所をくまなくチェックして探してみましょう。盗撮器は消費電力が大きく電池での動作時間が短いため、電源を利用している可能性があります。電源周りを中心に探してみるとよいでしょう。

4-2.発見器を使って探す

盗撮器の発見器を使って探す方法もあります。無線式と有線式の両方を探知できる「光学式」と、無線式の盗撮器を探知できる「無線式」の2種類が販売されているため、チェックしてみるとよいでしょう。

4-3.プロに依頼する

盗撮器の発見調査を行っている探偵社などに依頼する方法もあります。自分で探すのが難しい場合は利用してみるとよいでしょう。探偵社アヴァンスでは、最新の特殊機材を使用して盗撮器の発見調査を行っています。誰が盗撮器を仕掛けたのか、犯人を特定するための調査も依頼できるため、まずはこちらから無料相談を依頼してみてはいかがでしょうか。

5.盗撮器の被害を防ぐポイント

盗撮器による被害を防ぐために知っておきたいポイントをご紹介しましょう。

5-1.知らない人間を家に入れない

設備の定期点検や訪問販売を装って家に入り込み、盗撮器を仕掛ける例もあります。家族以外の人間は、できるだけ家に入れないようにしましょう。定期点検の際は、作業員が家の中にいる間、目を離さないようにしてください。

5-2.部屋を整理整頓しておく

普段から部屋を乱雑にしておくと、誰かが侵入したり盗撮器を仕掛けられたりした形跡に気づきにくくなります。室内の異変にすぐ気づけるように、部屋は常に整理整頓しておきましょう。盗撮器の発見が遅れれば、その分被害も大きくなります。

5-3.賃貸物件に入居する際は鍵を取り換える

賃貸物件に新しく入居する際は、鍵を取り換えてあるか必ず確認しましょう。前の住人やその関係者が合い鍵を使って侵入してくる可能性もあります。入居の際に鍵の交換をしていない場合は、必ず交換を手配してください。

6.盗撮器被害に関するよくある質問

「盗撮器被害について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.盗撮器を仕掛けられにくいのはどのような場所ですか?
A.盗撮器は被写体が必要になるため、玄関やキッチンなど、人が長居しない場所は比較的安全でしょう。

Q.スマホを使った盗撮もできるというのは本当ですか?
A.遠隔操作アプリを悪用して盗撮を行う犯罪者もいます。スマホのカメラ機能を遠隔操作で起動させられてしまうのです。遠隔操作アプリはホーム画面にアイコンが表示されないため、設定画面から確認してみるとよいでしょう。

Q.盗撮器の発見調査を探偵に依頼した場合、費用はどのくらいですか?
A.探偵社アヴァンスでは、30,000円の基本料金と1部屋につき10,000円の調査費用がかかります。

Q.探偵社選びのポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・無料見積もりを受け付けているか・料金体系は明確かなどをチェックするとよいでしょう。

Q.悪質な探偵社に多い特徴にはどのようなものがありますか?
A.強引に契約を迫る・見積書に不明確な項目が多い・調査報告書の内容がいいかげんなどが悪質業者の特徴です。

まとめ

盗撮器が仕掛けられた事例や発見方法・予防のポイントなどを詳しくご紹介しました。「誰かが家に侵入した形跡がある」「身の回りでおかしなことが起こる」など、盗撮器が仕掛けられた可能性があるときは、早めの対処が必要です。盗撮器のトラブルを解決・予防するために、ぜひこの記事を参考にしてください。