不倫のきっかけや理由には何がある? 対応策も詳しく解説します!

不倫には、必ずきっかけがあります。あらかじめきっかけになりそうなことを知っておけば、適切な対策ができ、不倫を防止できることでしょう。パートナーの不倫が心配・疑いがある人は、特にしっかり対策することが必要です。そこで、今回は、不倫のきっかけや理由について対策を含め、詳しく解説します。

  1. 不倫の出会いときっかけは違う?
  2. 不倫の主なきっかけは?
  3. 不倫のきっかけを減らす・なくすためにできることは?
  4. 不倫がバレるきっかけは?
  5. 不倫や不倫のきっかけに関するよくある質問

この記事を読むことで、不倫のきっかけについて詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.不倫の出会いときっかけは違う?

最初に、不倫の出会いときっかけの違いなどを詳しく解説します。

1-1.出会い方はさまざまにある

不倫相手との出会いは、実にさまざまです。たとえば、以下のようなものがあります。仕事や友人・価値観など、2人で共有するものがある出会いは、不倫に走りやすいものです。

  • 同じ会社の同僚・上司・部下
  • SNS仲間
  • 同窓会
  • 友人の紹介
  • 子どもの保護者同士
  • 合コン
  • ナンパ
  • ゲーム友達
  • 趣味の習いごと仲間

1-2.出会いから不倫に走るきっかけは?

男女の出会いがあったとしても、必ず不倫に走るわけではありません。たとえ好みの異性に出会っても、多くの人は心にブレーキをかけることができます。不倫に走るのは、何らかの心理が働くからです。出会いから不倫に至るきっかけとなる心理を理解し、日ごろから対策することが不倫防止に役立ちます。

2.不倫の主なきっかけは?

不倫の主なきっかけをいくつかご紹介します。どんなことがきっかけになって不倫に走りやすいのか、しっかり学びましょう。

2-1.パートナーへの愛情が冷めた

パートナーへの愛情が冷めてしまい、夫婦としてやっていけないと感じると、不倫に走るきっかけになります。もともと他人同士ですから、結婚後すべてがうまくいくのはまれなことです。しかし、愛情がなくなってしまうことは、夫婦関係の維持に致命傷となります。残念ながら、愛情が冷めたことが原因の場合、修復は難しいでしょう。

2-2.純粋に好きになった

夫や妻よりも好きになった人ができて、不倫関係になったという例も多いものです。結婚していなければ自由恋愛で問題なくても、結婚後になると純粋に好きな気持ちを持っていても不倫となります。パートナーに不倫のことが知られれば離婚を切り出される可能性も高いでしょう。

2-3.好みの異性に言い寄られた

好みの異性に言い寄られて、不倫関係になったという場合もあります。パートナーと良好な関係を築いていながらも、好みの異性からの誘いを断ることができなかったというパターンです。特に、優柔不断な性格の人は気をつけてください。ただし、離婚する気は乏しいため、不倫関係が解消すれば元に戻る可能性が高いでしょう。

2-4.性欲を解消したい

夫婦いずれかの性欲が強すぎる・セックスレスであるなど、性の不一致がきっかけで不倫に走ることがあります。夫婦間では満足できないため、性的に相性のいい異性と不倫関係になるのです。なお、男性の場合は、妻が妊娠中のために性欲を解消できず、不倫に走る例も多く見られます。

2-5.パートナーからの愛情を感じない

パートナーからの愛情を感じない場合、ほかの異性に心が移ることがあります。特に女性に多く、パートナーに雑に扱われたり愛情表現がなかったりすることで、不満やさびしさから不倫に至るのです。パートナーへの愛情がなくなったわけではないため、夫婦関係が改善すれば、不倫も解消する傾向があります。

2-6.特にハッキリしたきっかけはない

実は、不倫に走るのに特にハッキリしたきっかけがないというパターンもあります。パートナーとの関係も良好で、家庭にも問題がないのに不倫している人もいるのです。優柔不断な性格の人や異性によくモテる人で、倫理観に乏しい人が多く当てはまります。ハッキリしたきっかけがないだけに、対策が難しいのが問題です。

3.不倫のきっかけを減らす・なくすためにできることは?

不倫のきっかけを減らす・なくすためにできることを行い、不倫防止に努めましょう。

3-1.効果的な対策方法は?

不倫のきっかけを減らすには、以下のようなことに気をつけるといいでしょう。家庭に自分の居場所があることや信頼されていることを自覚してもらうことが不倫防止につながります。

  • 休日はなるべく一緒にいる
  • 信じていることを伝える
  • 魅力的な異性であるように努力する
  • 思ったことを素直に話し合う
  • 同意の上でスマホの履歴などを見せてもらう

3-2.男性への対策

男性の場合、夫婦共通の友人に助けてもらうのもいいでしょう。休日は夫婦と共通の友人を交えてできるだけ会うようにし、不倫相手との時間を持たせないようにするのです。折を見て、友人から忠告してもらうとなおいいでしょう。また、子どもがいる場合は、もっと一緒に遊んでほしい・さみしいなどと言わせる手もあります。男性も、自分の子どもには弱いものです。さらに、妻から「信じている」と告げることで罪悪感が高まり、不倫解消に至りやすくなります。

3-3.女性への対策

女性は、夫からの愛情を感じさせることが効果的な不倫対策になります。女性が不倫に走るのは、夫への不信感や大切にされていないと感じることが多いからです。また、すでに不倫に走っている場合は、実家に助言してもらうと効果があります。さらに、女性の場合、男性よりも子どもの存在が強力なストッパーになりやすいものです。子どもへの罪悪感を持たせるようにすると、不倫しづらくなるでしょう。

3-4.不倫の対策方法に関する注意点やNG行為

不倫に走る人は、現実逃避の傾向が見られます。そのため、束縛をきつくしすぎると逆効果になることがあるので注意しましょう。また、感情的に追及することもいい結果を生みません。あくまでも、不倫という行為をやめてもらう・防止することだけに集中しましょう。なお、本人の同意を得ずにパソコンやスマホの内容を閲覧することは、夫婦間であっても、プライバシーの侵害となるのでやめてください。

4.不倫がバレるきっかけは?

不倫がバレるきっかけはどんなものか、詳しく解説します。

4-1.どんなきっかけでバレる?

不倫は、ふとしたきっかけでバレてしまうものです。たとえば、以下のようなことから発覚します。

  • 不倫相手とのメール・SNSのやり取りを家族に見られた
  • 会社の人間や知人に不倫現場を目撃された
  • 普段の趣味とは異なる服飾品(時計・ネクタイなど)を使用している
  • ホテルやレストラン利用時のクレジットカード明細が届いた
  • 急におしゃれや身だしなみに気を遣うようになった
  • 不倫の「カマ」をかけたら白状した
  • 不倫相手から直接連絡があった

4-2.不倫を疑うときは調査が確実

パートナーの不倫を疑うときは、調査をしてみましょう。自分ひとりで悩んでいるよりも、調査をして結果をハッキリさせたほうが確実です。調査は自分で進めることもできますが、詰めが甘く、証拠をつかむことができずに終わりやすくなります。時間や手間がかかることを考えても、プロへの依頼がおすすめです。

4-3.プロに相談するメリット・方法・料金など

不倫調査をプロに相談するメリット・方法・料金については、以下を参考にしてください。

<メリット>

不倫調査には、主に以下のようなメリットがあります。

  • 不倫の客観的な証拠をつかめる
  • 気持ちの整理ができる
  • きちんとした調査報告書が手に入る
  • 自分で調査するよりもバレる可能性が低い
  • 時間や労力の節約になる

<依頼方法>

不倫調査の依頼は、業者に問い合わせを行うことから始めましょう。信頼できる業者なら、ホームページに電話番号などの連絡先を明記してあります。また、24時間利用できる問い合わせフォームを用意していあることが多いものです。自分に都合のいい方法で、調査してもらいたい内容を簡単にまとめて伝えましょう。後日、業者から折り返し連絡があるので具体的な相談に移ってください。

<料金>

不倫調査は、調査時間・内容・難易度により費用が大きく上下します。以下、当アヴァンスの一例(すべて税別表記)をご紹介するので目安にしてください。

  • 1日4時間:45,000円
  • 4日16時間:190,000円
  • 6日24時間:285,000円
  • 8日32時間:380,000円

上記料金には、事前調査費・車両費・機材費・フィルム代・写真現像代・調査報告書作成費などを含みます。業者によって、基本費用の中に含まれるものとオプション扱いになるものが異なるので事前に見積もりをもらって確認しておきましょう。

5.不倫や不倫のきっかけに関するよくある質問

最後に、不倫や不倫のきっかけに関するよくある質問に回答します。それぞれ目を通し、参考にしてください。

Q.不倫に走りやすい人の特徴は?
A.以下のような人は、浮気に走りやすいので注意してください。

  • 優柔不断
  • 異性によくモテる
  • 自由になる時間とお金がある
  • 性欲が強い
  • 以前浮気したことがある

Q.不倫する人は何度も繰り返しやすいと聞いたのですが?
A.確かに、1回不倫に走った人は、繰り返す傾向があります。心から反省しても、ほとぼりが冷めたころにまた不倫をするのです。何度も不倫を繰り返す場合は、離婚も考えておいたほうがいいでしょう。パートナーが許してくれると思うからこそ、繰り返すということもあるからです。

Q.不倫相手を紹介した知人に慰謝料請求できますか?
A.状況によるでしょう。知人が故意に不倫相手として紹介したかどうかがポイントです。単なる友人のひとりとして紹介したのに、当人同士が不倫関係に至った場合は、慰謝料請求は難しいでしょう。

Q.不倫調査をすれば確実に証拠をつかめますか?
A.100%とは断言できません。不倫調査は、期間限定で行うものです。プロのベテラン調査員が全力を尽くしても、調査期間内に不倫の現場を押さえることができるとは限りません。証拠をつかむ確率を高めるためにも、不倫相手の身上や密会が予想される場所の情報などを詳しく伝え、調査を進めてもらいましょう。

Q.信頼できる調査会社のポイントは?
A.以下のポイントを満たす業者なら安心して依頼できます。

  • 不倫調査で豊富な実績がある
  • 親切に相談に乗ってくれる
  • 費用見積もりは無料
  • 個人情報保護を固く守っている
  • 調査費用がリーズナブルで明確なシステム
  • 分かりやすい調査報告書にまとめてくれる
  • 必要に応じて弁護士などの法律家を紹介してくれる
  • 活動地域の公安委員会に探偵業の登録済み

なお、当アヴァンスも、不倫調査で多数の実績があり、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、不倫のきっかけについて詳しく解説しました。愛するパートナーに不倫されるのは、とても悲しいことです。しかし、不倫をするのには、必ずきっかけがあります。まずは、どんなことがきっかけになるのかを知り、正しく対策することで不倫を防ぎましょう。なお、不倫の疑いがあるときは、きちんと調査して事実を確かめることをおすすめします。いつまでも仲のいい夫婦でいるためには、お互いに努力が必要です。そのためにも、不倫が大きな裏切りであることをパートナーにきちんと理解してもらいましょう。