離婚後でも浮気調査は可能? その意味や・プロに依頼する方法を解説!

離婚後に配偶者が浮気をしていたことがわかった。何とかして、慰謝料を請求したい。このような例は、決して珍しくありません。特に、浮気相手に本気になってしまった場合はいきなり配偶者に離婚を迫り、流されるように離婚が成立してしまった、ということもあります。では、離婚後に浮気の慰謝料を請求することはできるでしょうか?
そこで、今回は離婚後に浮気調査をする方法や意義について解説します。

  1. 離婚後の浮気調査をすることは可能か?
  2. 離婚後に浮気調査をしたが、慰謝料が請求できないケース
  3. 離婚後に浮気調査をする方法
  4. 離婚後の浮気調査に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、確実に浮気の証拠をつかむ方法もよく分かるでしょう。離婚後に配偶者の浮気を知った、配偶者の浮気に悩んでいるという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.離婚後の浮気調査をすることは可能か?

はじめに、離婚後に浮気調査を行うことができるかどうかということや、調査をする意義について解説します。どのようなときに、離婚後にも浮気調査をした方がいいのでしょうか?

1-1.浮気調査とは何か

浮気調査とは、文字どおり配偶者が浮気をしているかどうか調べることです。自分で行うこともできますが、探偵業者などプロに依頼する人がほとんどでしょう。浮気調査をすることで、ホテルに出入りする写真など、浮気をしている確実な証拠がつかめます。そうすれば、慰謝料を請求したりできるほか、浮気をしている配偶者からの離婚要請を突っぱねることもできるでしょう。

1-2.浮気調査は基本的に婚姻中に行う

離婚後に、元配偶者が誰とお付き合いをしようと自由です。ですから、浮気調査は基本的に婚姻中に行わなければ意味がありません。ですから、配偶者が急に離婚を申し出たときなどは、すぐに同意しないことが重要です。必要ならば、弁護士などの法律家に相談しましょう。

1-3.離婚後に浮気調査をする意味

しかし、離婚をしたが元配偶者が言い訳をして家に居座り、出て行かないなどという場合は、浮気の証拠をつかむことで元配偶者から離れることができます。どちらか一方の有責で離婚した場合、有責者の立場は弱く、元配偶者の請求を突っぱねることは難しいでしょう。また、配偶者と婚姻関係は破たんしているが、正式な離婚に応じず悩んでいるという場合も浮気調査をする意味があります。浮気の証拠をつかめば離婚を自分から申し出ることができ、相手は受け入れざるを得ません。

1-4.浮気調査をするメリット

また、配偶者が浮気をした場合、浮気をされた人は配偶者や浮気相手に慰謝料を請求することができます。つまり、浮気の確実な証拠をつかめば、離婚後でも慰謝料を請求することは可能です。しかし、浮気の慰謝料請求には時効があります。配偶者が浮気をしていたことを知って3年以上、配偶者が浮気をしてから20年以上たつと、慰謝料を請求することはできません。ですから、「配偶者が浮気をしていたことを5年前に知り、やっと証拠をつかんだので、慰謝料を請求したい」と思っても無理です。また、慰謝料を請求しても、離婚後の場合は本人や当時の浮気相手が逃げてしまい、慰謝料を取ることができないというケースも珍しくありません。しかし、「配偶者に婚姻中に浮気をしていたということを認めさせたい」と思っている場合は慰謝料が取れなくても、離婚後も浮気調査をする意味はあるでしょう。

2.離婚後に浮気調査をしたが、慰謝料が請求できないケース

以下の場合は、浮気調査をしたけれど慰謝料が請求できないケースです。

  • 浮気相手が、配偶者が既婚者であることを知らなかった場合
  • 一度だけ肉体関係を結んだが、その後は全く連絡を取り合っていない
  • 浮気相手が18歳未満だった

このような場合は、たとえ婚姻関係中に浮気をした証拠をつかんでも浮気相手に慰謝料を請求することはできません。ただし、浮気相手に既婚者と知らせず浮気をした配偶者には、慰謝料を請求することができます。なお、18歳未満と肉体関係を結んでいたことが証明された場合、自治体によっては罪に問われることもあるでしょう。

3.離婚後に浮気調査をする方法

この項では、離婚後に浮気調査をする方法について解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.離婚後の浮気調査と婚姻中の浮気調査の違い

婚姻中に浮気調査をする場合は、配偶者と浮気相手が肉体関係を持っていることを証明する写真などを取ることが目的です。そのため、探偵社に依頼して写真を撮影してもらったり、浮気相手の素性を調べてもらったりすることなります。「浮気をしていました」という言質を取る必要はありません。
一方、離婚後の浮気調査は「婚姻中に浮気をしていた」と配偶者や浮気相手が認めさせることが目的です。ですから、元配偶者や浮気相手と話し合った結果浮気を認めさせることもできるでしょう。しかし、そこまでたどり着くのは一筋縄ではいきません。

3-2.探偵業者に依頼するメリット

元配偶者や浮気相手に婚姻中、浮気をしていたことを認めさせるには、証拠が必要になることもあります。この証拠を、探偵業者に集めてもらうことも可能です。たとえば、ふたりが同じ会社に勤めていた場合、同僚や部下が浮気に気づいていたという可能性もあります。その場合は、同僚の証言を取ってきてもらうことなども依頼できるでしょう。自分でも、

  • 配偶者と浮気相手のメールやSNSのやり取り
  • 配偶者と浮気相手が一緒にした買いもののレシート
  • 配偶者と浮気相手が利用したホテルのポイントカード

などの証拠を集めることはできます。しかし、探偵業者に依頼すればホテルに出入りしている写真ほどではありませんが、元配偶者たちに浮気の事実を認めさせることのできる証拠を集めてくれるでしょう。

3-3.探偵業者の選び方

今は、探偵業者がホームページを開設していることも珍しくありません。そのため、インターネットやイエローページを利用すれば、手軽に近くにある業者を探すことができます。ただし、探偵業者の中には質が悪いところもあるため、ホームページに「探偵業の届け出」番号が記載されているかどうか、まず確認しましょう。これは探偵業を開業する際、最寄りの警察署に届出を出さないともらうことができません。優良な探偵業者ならば、信頼の証拠として必ずホームページに記載しており、事務所にも見やすい場所に掲げてあります。これがない業者は、悪徳業者の可能性もあるでしょう。
また、相談を申し込んだら喫茶店を待ち合わせ場所に指定するような業者も依頼しない方がいいですね。優良な探偵業者は、基本的に事務所で相談を受け、依頼者からの希望がない限り、喫茶店などで相談を受けることはありません。また、相談は無料というところも多いので、複数の業者に相談してから契約を結んでもいいでしょう。

3-4.費用相場

探偵業者の費用相場は、1週間で20万円前後です。カード払いや分割払いも受け付けてくれますが、調査日数が長くなるほど費用がかさみます。離婚後の浮気調査は婚姻中の調査よりも証拠を集めることが難しいケースも多く、「この期間調査して結果が出なかったら諦める」という選択をすることも大切です。

4.離婚後の浮気調査に関するよくある質問

Q.離婚後に浮気に気づいて証拠を取った場合、どうすればスムーズに慰謝料を請求できますか?
A.離婚問題に強い弁護士に相談し、交渉役をお任せするとスムーズにいくでしょう。

Q.婚姻中の浮気について元配偶者と話し合いたいと思いますが、会ってくれません。会うことを強制することはできますか?
A.残念ながら、強制することはできません。

Q.浮気をしたことを口頭で認めた場合でも、大丈夫ですか?
A.口頭で認めた場合は、録音を取っておきましょう。これで言質が取れます。

Q.離婚後すぐに元配偶者が再婚したのですが、正直浮気を疑ってしまうのです。
A.離婚が成立した場合、配偶者の再婚は問題ありません(女性の場合は、300日は再婚不可)。ですから、それだけを根拠に浮気を疑っても証拠は得にくいでしょう。

Q.婚姻中に浮気の確実な証拠をつかんでいましたが、離婚に応じました。これから慰謝料請求を行えますか?
A.確実な証拠をつかんでいたのなら、慰謝料請求は可能です。しかし、支払われる可能性は低いでしょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は離婚後の浮気調査についていろいろと解説しました。離婚後に浮気調査をしても、慰謝料を得られる可能性はあまりありません。しかし、元配偶者が付きまとう、居座るなどの迷惑行為に対する切り札にすることはできます。よく考えて調査を業者に依頼しましょう。