許すことができない浮気! 浮気の基準は男女差や個人差もあるのか?

浮気の境界線は明確ではなく、人によって基準は異なるものです。加えて、男女差もあることから、浮気のトラブルは後を絶ちません。捉え方が違うだけで、浮気か浮気ではないかで水掛け論になってしまいます。そもそも浮気の基準には決まりがあるのかを考えていきましょう。浮気は許すことができない裏切りです。浮気をチェックしたい方は、浮気調査や相談先なども覚えておきましょう。
今回は、浮気の基準についてご紹介します。

  1. 男性の考える浮気の基準とは?
  2. 女性の考える浮気の基準とは?
  3. 浮気の基準とは何か?
  4. 浮気の相談・調査について
  5. 浮気でよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、浮気の基準についてよく分かります。旦那や妻の浮気で困っているという方もいれば、大学生や高校生のカップルでも悩んでいる方もいるでしょう。浮気の基準が知りたい方は必見です。

1.男性の考える浮気の基準とは?

まず、男性から見た浮気の基準を考えていきましょう。

1-1.女性に対する基準

束縛の激しい彼氏というのは多く、彼女が異性と連絡を取っているだけでも不快に思うものです。男性の考える浮気の基準は、「異性と二人きりで会ったとき」という意見が圧倒的になっています。寛容な男性ならば、肉体関係やキスをした瞬間に浮気と定義するケースもあるでしょう。

1-2.自分に対する基準

男性は、彼女や妻に対しては厳しい基準を持つ一方、自分には甘い一面もあります。たとえ、二人きりで食事をしようとも、相手に気持ちが移っていないなら、浮気と考えない男が多いものです。男性は制欲の赴くままに動く傾向が強いため、セックスがなければ浮気ではないと主張する人がほとんどでしょう。

2.女性の考える浮気の基準とは?

女性は男性に比べて社交的で、男女問わず交流するケースが多いものです。男性とは浮気の基準も異なります。

2-1.男性に対する基準

男性より女性のほうが、シビアに浮気を捉えるものです。キスやセックスなどの既成事実がなくても、気持ちが離れたら浮気と考える人が圧倒的に多くなっています。二人きりで会うのも許すことができず、体に異性が触れただけでも嫌だという意見がほとんどです。恋愛は男性主導で関係が変化する傾向にあるため、彼氏が浮気を仕掛けているのではないかと不信感を抱くことが原因でしょう。

2-2.自分に対する基準

男性にはシビアな女性ですが、自分には甘いのが女性の特徴でしょう。前述にて、女性は社交的であるとお伝えしました。普段から男性と連絡を取り合う女性は多いものです。そのため、彼氏は浮気と感じることはあっても、女性は特別な感情を抱かず、男友達としてつき合っているだけという誤解を生んでしまうことも少なくありません。浮気は肉体関係を結んだときからというのが、女性の意見でしょう。

3.浮気の基準とは何か?

浮気の基準は一般的にはどうか、法律ではどうかなどを見ていきましょう。

3-1.一般的にはどうか?

第三者の目から見て、浮気とするかどうかは、キスやセックスをする関係かどうかがポイントになります。異性と二人で食事をする機会があっても、友人関係で終わるケースがほとんどです。しかし、好意を持って連絡を取り合う仲なら、浮気に発展する可能性もあるでしょう。

3-2.法律的には?

浮気かどうかを定める法律はありません。しかし、既婚者に限り、肉体関係を結んだときに、不貞行為となります。不貞行為は慰謝料請求の対象となる事案で、離婚事由にもしばしば挙げられる問題です。ただし、浮気の事実があった時点から3年が経過した場合、時効として慰謝料請求の対象とはなりません。慰謝料請求権の消失と呼ばれるものです。

3-3.男女の違いとは?

浮気は男女差もありますが、個人差が大きいのが特徴です。男性でも、異性関係にうるさい人もいれば、あまり干渉しない人もいます。違いがあるからこそ、浮気かどうかで揉(も)めないように、カップルでよく話し合いをしておくことが大切です。

4.浮気の相談・調査について

浮気を疑い始めたら、もやもやした気持ちで過ごすことになります。浮気調査や相談について覚えておきましょう。

4-1.相談や調査すべき場合

浮気の事実を確認し、関係を修復したいにも、浮気調査が有効です。浮気の内容を見てから、どう対処すべきかを判断することもできます。また、既婚者の方は、離婚を想定して慰謝料請求などを考えているなら、浮気調査で不倫相手の素性などを確認しておくといいでしょう。浮気の期間や関係性などを見て、離婚裁判に持ち込む方法もあります。浮気しているか不安という方は、相談だけで心配事が解決する場合もあるでしょう。一人で悩んでいるより、プロに相談することをおすすめします。

4-2.調査や相談ができるところ

4-2-1.興信所

興信所は、浮気相手の素性を確認し、行動調査などができます。しかし、身元を名乗ってから調査を始めるため、浮気調査をしていることが知られてしまうデメリットがあるのです。

4-2-2.弁護士

弁護士は浮気調査や浮気相談は行っていません。基本的に、裁判や慰謝料請求などの相談となります。自分で浮気の事実を見つけてから、相談をするのが基本的な流れです。

4-2-3.探偵事務所

相談から浮気調査まで幅広く対応しているのが、探偵事務所です。隠密(おんみつ)行動が基本なので、調査対象者に知られずに浮気調査ができます。探偵事務所の調査結果は、裁判の資料にも採用されるため、浮気調査をしたい方にはメリットが多い方法です。

4-3.業者の選び方

浮気調査や相談は、探偵事務所がベストだとお伝えしました。良質な業者を選ぶポイントは、浮気調査の実績が豊かで、調査スキルが高いことです。調査員の教育がしっかり行き届き、確実な成果が得られることも大切でしょう。費用対効果が得られるかどうか、過去の実績を見て判断してください。

4-4.相談・調査方法

浮気調査を始める前に、探偵事務所の雰囲気や調査員について知ることも大切です。無料相談を利用し、依頼前の不安を解消しておきましょう。不安な点がなければ、浮気調査へと進みます。浮気調査は、追跡と尾行が基本です。調査対象者の行動を把握し、浮気相手との接触やホテルへの出入りなどをチェックし、写真や動画を撮影して記録していきます。画像で残るため、確実な証拠集めができるといえるでしょう。

4-5.料金相場

探偵事務所のアヴァンスでは、浮気調査にかかる料金を明確にし、リーズナブルでありながら、確実な調査をモットーとしています。料金は、以下を参考にしてください。

  • 1日お試しパック(4時間) 4万5,000円
  • 4日パック(16時間) 19万円
  • 6日パック(24時間) 28万5,000円
  • 8日パック(32時間) 38万円

調査員は2名です。延長料金が発生する場合、調査員1名につき1時間7,500円の費用がかかります。いずれも税別料金です。

4-6.注意点

探偵事務所は数が多いため、どこを選ぶべきか迷うことが多いと思います。本来、探偵事務所は探偵業の届け出が必要で、無許可の営業は認められていません。数ある中から良質な業者を選ぶ基準とし、届け出の確認をしてください。

5.浮気でよくある質問

浮気されているのではないかと疑い始めたら、不安でいっぱいになることでしょう。質問集を参考に、不安を解消してください。

Q.彼氏の浮気チェックをする方法とは?
A.浮気中によくある癖は、スマホを頻繁に覗(のぞ)く・持ちものを触れられるのを嫌がる・休日出勤や残業が多いなどです。連絡が取れない時間帯があるなど、今までと違う行動があったら、浮気の兆候が考えられるでしょう。

Q.浮気されたときはどう対処すべきか?
A.浮気されたことに怒りを感じ、感情的になってしまう方がほとんどです。しかし、負の感情をそのままぶつけてしまった場合、お互いに意地になってしまい、関係がこじれてしまいます。落ち着いて話し合いをするようにしてください。

Q.男と女では、どちらが浮気しやすいのか?
A.個人差があるため、一概にどちらが多いとはいえません。しかし、男性は性衝動で浮気するケースが目立つため、一夜の恋に溺れてしまうことがあります。女性は心の癒(い)やしを求め、本気の恋愛になることがあるのです。

Q.浮気で離婚を決める基準とは何か?
A.浮気されたから離婚するとは限りません。子どもが小さいなどの理由から、関係を修復することを望む方もいます。浮気の期間や浮気相手との関係の深さなどをよく見て、今後の人生をじっくり考えるようにしましょう。

Q.浮気調査費用が高額にならないか不安に感じる
A.アヴァンスでは、追加で調査を行う場合は、依頼者に確認してから進めるようにしています。また、分かりやすい料金体系を取っているため、高額になる心配はありません。料金に関する不安は、あらかじめご相談ください。

6.まとめ

いかがでしたか? 浮気の基準は、男女で異なるものです。加えて、個人差もあることから、基準はあってないようなものでしょう。異性と二人きりで食事に行くのを嫌がる人もいれば、キスや肉体関係があったときに浮気と捉える方もいます。異性トラブルが起こらないように、浮気の基準を二人でよく話し合っておくことが大切です。浮気の疑いがある場合は、探偵事務所の浮気調査や相談を利用しましょう。相談だけでもやもやした気持ちが晴れることもありますし、浮気調査で浮気の事実を把握し、今後の人生を考え直すきっかけにもなります。相談は無料です。探偵事務所のアヴァンスまでご相談ください。