結果が出る探偵の選び方! 結果に差を生む調査機材の違いとは?

夫や妻の浮気を疑ったら、あなたならどうしますか? 自分で証拠をつかもうとしても、うまくいかないどころか、相手に気づかれたら、余計に真相究明は難しくなるでしょう。そんなときは、一人で悩むよりプロの探偵に依頼するほうが賢明です。しかし、探偵なら誰でもいいわけではありません。実は、使用する調査機材やスキルにより、調査結果に差が出るのです。この記事では、探偵への依頼で失敗したくない人のために、探偵の調査機材や調査力についてご紹介します。

  1. 探偵の調査について
  2. 探偵の調査機材について
  3. 探偵への依頼について
  4. 探偵業者の選び方について
  5. よくある質問

この記事を読むことで、探偵が使っている機材の違いや、信頼できる探偵の見分け方について知ることができます。探偵の依頼を検討するときの参考にしてください。

1.探偵の調査について

探偵社では、個人や企業の依頼により、特定人の所在または行動についての情報を収集するために、さまざまな実地調査を行っています。ここでは、調査の内容と方法について説明しましょう。

1-1.どんな調査をしているか

探偵の調査というと、浮気調査が真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、それ以外にも、以下のようにさまざまな調査があります。

  • 浮気調査:不貞行為の証拠
  • 素行・行動調査:結婚・人物信用調査・借金など
  • 家出・行方・所在調査
  • 盗聴・盗撮器発見調査
  • ストーカー・いじめ調査
  • 企業信用調査:取引先・人事・雇用など

1-2.調査方法について

探偵の調査は、聞き込み・尾行・張り込みなどが主な方法です。2人1組など複数人で連携を取り合いながら行います。張り込みをして監視したり、対象者に動きがあれば、尾行・追跡したりするのです。その間に写真や映像を撮影して、証拠を確保します。近隣や関係者への聞き込み調査も重要です。
ほかには、データ調査・DNA鑑定調査・指紋鑑定など、科学的な裏付けを取ることもあります。

2.探偵の調査機材について

探偵は、調査を効果的に行い、記録をするために、さまざまな機材を使います。ここではプロの探偵が使う機材について説明しましょう。

2-1.どんな機材があるのか

2-1-1.撮影・記録・追跡のための機材

調査の結果を依頼者に報告するためには、調査内容を記録する必要があります。対象者に気づかれないように行動を記録するには、特殊な機材が必要なのです。

  • 特殊暗視カメラ:暗闇での撮影を可能にしたビデオカメラ
  • 小型カメラ(CCDカメラ):ペン型・眼鏡型・キーレスエントリー型など、カメラに見えない形状のカメラ。CCDカメラを内蔵
  • ボイスレコーダー:ICレコーダーで音声を記録
  • GPS発信機:対象者の居場所を特定するために、車やバッグに仕掛ける

2-1-2.盗聴器発見のための機材

盗聴・盗撮を暴くために、以下のような特殊な機械を使います。

  • スペクトラムアナライザ:無線の波形を視覚化する
  • 広域帯受信機:UHF帯、VHF帯の、広い範囲の周波数を受信
  • リモコン盗聴器対応専用機:強制的にスイッチをオンにして電波を検出
  • ファイバースコープ:狭い隙間を調査
  • 金属探知機:ぬいぐるみの中の盗聴器を調査

2-2.機材の重要性、調査力について

前述の機材は、種類や機種により性能に差があります。暗視カメラや小型カメラ、盗聴器発見器などは、一般の人が簡単に入手できるものもありますが、それでは満足な調査はできません。しかし、こうした安価な機材で調査を行う探偵社も存在するのが現状です。探偵の調査力は、プロ用の機材を使うことはもちろん、使いこなすための訓練を積むことで、圧倒的な差が出ます。たとえば、対象者を後方より撮影するのは、誰でもできるので、対象者の判別ができる角度から撮影する技術が必要なのです。

2-3.業者の能力の差

探偵社の能力の差は、一つには機材の差であるといえます。契約時にどのような機材を使っているのか、確認してみましょう。また、所属する調査員の能力差も大切です。内閣総理大臣許可「一般社団法人 日本調査業協会」による「日本調査業協会認定合格者」がいる探偵社は、信頼できる能力があると思っていいでしょう。

2-4.調査機材の効果について

一般的な家庭用ビデオカメラは、街灯がない真っ暗な状況では、対象者の姿をとらえることはほとんどできません。しかし、特殊機材による撮影では、暗闇の中で10m離れた位置からの撮影でも、人物の特定が可能です。また、車種やナンバーの特定にも、特殊暗視カメラは効果を発揮します。特殊暗視カメラの効果については探偵社アヴァンスのホームページをご参照ください。
盗聴器は、旧来のアナログ式に加え、最近はデジタルタイプもあり、手口も巧妙になっています。リモコン型など、従来の発見器では発見しにくいものも増えているため、専用の機材が必要なのです。

3.探偵への依頼について

探偵は、浮気調査だけでなく、身の回りのさまざまな場面で利用することができます。どんなときに依頼できるのか説明しましょう。

3-1.どんな場合に依頼するか

探偵への依頼で一番多いのが、浮気調査です。離婚や慰謝料請求を考えている場合は、「証拠入手」のためにも、プロに依頼したほうがいいでしょう。最近では、いじめやセクハラ、ストーカーなど、被害の証拠を押さえたいときや、被害を未然に防ぎたいという場合に、探偵に依頼するケースも増えています。以下のような場合には、依頼を検討してみましょう。

  • パートナーの浮気を確かめたい
  • 離婚や慰謝料請求の証拠が欲しい
  • 結婚相手のことが知りたい
  • 離れて暮らす子どものことが心配
  • 昔お世話になった人に会いたい
  • 遺産相続のため所在不明な親族を探したい
  • 結婚相手の家族や勤め先のことが知りたい
  • 子どものいじめの現場を押さえたい
  • 盗聴が気になるので盗聴器を探してほしい
  • セクハラ・パワハラを訴えたい

3-2.依頼するメリットとは

探偵に依頼することで、自分ではできない調査ができ、時間的にも精神的にも楽になるでしょう。いくら思い悩んでも問題は解決しません。思い切ってプロに依頼することで、早期解決につながるのです。プロに相談したことで、心強く、安心できるというメリットもあります。

3-3.探偵への依頼の不安ごととは

探偵への依頼を考えたとき、本当に問題が解決するのか、相手に知られてしまうのではないか、という不安を感じる人もいることでしょう。また、調査内容や料金についても、適正なのか、だまされないかなど、心配になることもあります。不安や疑問は、実際に相談してみることで解決しましょう。見積もりを出してもらい、説明を聞いて、些細な不安も解消してから依頼してください。

4.探偵業者の選び方について

探偵は資格があるわけではないため、能力の見極めが難しいものです。ここでは良識があり信頼できる業者の選び方を紹介します。

4-1.選び方のポイント

探偵社を選ぶ際、まずは、電話やメールの無料相談を利用してみましょう。事務所で面談する際には、対応や雰囲気を自分の目で確かめることも大切です。選ぶポイントは、以下を参考にしてください。

  • 事務所に「探偵業届け出証明書」の掲示があるか
  • 実績があるか
  • 料金体系が明瞭か
  • 日本調査業協会認定者がいる事業所か
  • 書面による重要事項説明を行っているか
  • 裁判で証拠となる報告書が出せるか
  • 報告書のサンプルを確認できるか
  • 探偵業の届け出をしているか
  • 守秘義務について説明があるか
  • 誇大広告(100%成功など)はないか
  • 記載住所に看板があるか

4-2.悪徳探偵業者とは

探偵への依頼の増加に伴い、悪徳探偵業者による被害も増えています。以下の項目に当てはまるのは、悪徳探偵社です。引っかからないためには、慌てて契約せずに、冷静に判断しましょう。

  • 無理やり契約を迫る
  • 探偵業の届け出をしていない
  • 調査に手を抜く
  • 追加料金がかかる
  • 着手金を払ったら連絡が取れなくなる
  • 弱みに付け込み恐喝まがいに高額請求をする
  • 無断で調査を延長する

4-3.覚えておきたいこと

探偵業法では、調査契約時に料金体系と最大限の費用を記載しなければならないことが定められています。見積もりを提示してもらう場合、調査費用以外の諸経費についても確認しましょう。複数の業者から見積もりを取って、比較するといいでしょう。その際、延長の場合どうなるのか、成功報酬はあるのか、キャンセルや返金はできるかなど、細かな条件を確認しておくことが大切です。
具体的な料金としては、(社)日本探偵業協会のアンケートによると、行動調査の場合、2名の調査員で1時間当たり1.5万~5万円前後となっています。1日6時間、3日間調査をしたとして、車両や諸経費込みで40万円前後を目安とするといいでしょう。  

4-4.相談窓口

信頼できる探偵社が見つからない場合には、一般社団法人日本探偵業協会に相談してみましょう。全国からの相談を受け付けています。探偵社アヴァンスでも、経験豊富な相談員が無料でアドバイスしているので、おすすめです。

4-5.注意点

詐欺被害にあった人に、「お金を取り戻せる」といい、契約を迫る探偵業者が増えています。実際にはお金を取り戻せることはなく、架空の調査費を請求されるという被害にあってしまうのです。被害金の返還請求をする行為は弁護士等の資格が必要で、探偵業者ではできません。甘いことばにだまされないようにしましょう。

5.よくある質問

Q.盗聴器は自分で発見できますか?
A.ハンディー受信機を使うと、発見できるものもあるでしょう。しかし、検知できる周波数が限られているため、これだけでは盗聴器を見逃す可能性があります。特に、リモコン式など特殊なタイプは発見が難しいでしょう。

Q.以前、探偵事務所に依頼したら、写真が真っ暗で何が写っているかわかりませんでした。このような件の調査は可能ですか?
A.使用機材で調査結果に違いが出ます。探偵社アヴァンスでは、特殊なカメラを使い、一般的な暗視カメラでは確認できない画像も確認できるのです。

Q.浮気調査の場合、どれくらいの日数がかかるでしょうか?
A.ご提供いただける情報の量や内容にもよります。タイミングがよければ1日で終わる場合もあれば、数日以上かかる場合もあるでしょう。

Q.どんな依頼でも受けてもらえますか?
A.ストーカー行為や盗聴・盗撮を目的とする場合や、DV法で保護される被害者の所在調査など、人権侵害や犯罪を助けるような調査内容は、どこの探偵でも断られるでしょう。「どんな調査でもできる」という探偵社は信用しないでください。

Q.相談内容や個人情報が外部に漏れないか心配です。
A.相談内容・依頼内容共に、外部に漏らさないよう、探偵業には「守秘義務」があります。心配な場合は、個人情報をどのように管理しているか聞いてみましょう。

まとめ

プライベートな問題を探偵に相談するには、勇気が必要です。しかし、何もしないでいたのでは現状は変わりません。調査機材やスキルなど、調査結果に違いをもたらす要素があることを知り、望む結果が得られる探偵業者を探しましょう。