不倫を理由にクビは可能? 不倫と解雇の関係を徹底解説

近年は、不倫に対する世間の目が厳しくなっています。芸能人でも不倫が発覚すればバッシングされ、仕事を失うことは珍しくありません。では、職場で不倫をした場合はクビになることはあるのでしょうか? 配偶者が不倫をしているようだが職場に知られたら解雇されそうなので、怖くて言い出せないという人もいると思います。
そこで、今回は不倫をした場合の職場対応や発覚した場合のペナルティについて解説しましょう。

  1. 不倫の定義や社内への影響について
  2. 社内不倫を理由に従業員をクビにできる?
  3. 社内不倫を防ぐ方法
  4. 社内不倫と解雇に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、会社が不倫をした従業員に申し渡すことができる処分について、よく分かりますよ。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.不倫の定義や社内への影響について

はじめに、不倫とはどのようなものかということや、社内不倫が行われる理由や社内への影響などについて解説します。

1-1.不倫の定義

不倫とは、「既婚者が、既婚者であることを知っている人と肉体関係を結ぶ」というものです。つまり、相手が既婚者であることを知らずにお付き合いをしてしまったという場合は不倫ではありません。また、18歳未満と肉体関係を結んだ場合は、同意の上でも児童福祉法違反となり、刑事罰の対象となります。
なお、既婚者が配偶者以外の人と肉体関係を持った場合は不倫、未婚だけれど恋人がいる人が別の人と肉体関係を持った場合が、浮気です。ですから、「婚約しているが別の人と合意の上で肉体関係を持った」という場合は、不倫ではなく浮気となります。

1-2.不倫の罪

18歳以上の男女が、双方合意の上で不倫関係になった場合の罰則はありません。ただし、その人に対する信頼はなくなり、配偶者から慰謝料を請求されたり、離婚を申し渡されたりするでしょう。ただし、上司が立場を利用して部下に肉体関係を迫った場合や、飲み会などで下心を持ってお酒を飲ませ、正常な判断ができなくなった人と肉体関係を結んだ場合は、訴えられれば罪に問われることもあります。

1-3.社内不倫の現状と問題

今から20年ほど前までは、社内不倫が発覚しても内々で処分されることが大半でした。特に、女性が退職という形になることが多く、男性の不倫は「一時の遊びだった」と思われがちだったのです。しかし、最近は不倫に対する考え方が厳しくなり、男性にも何らかのペナルティが与えられることが多くなりました。また、社内不倫が許されている会社ということが広く知られてしまうと、信用も失ってしまいます。そのため、不倫に対して厳しい姿勢を取る企業が多くなりました。
実際、社内不倫を野放しにしておくと、業務がとどこおったり、人間関係がぎくしゃくしたりして業績にも影響が出てくるでしょう。