事実婚でもあきらめないで! 浮気の慰謝料請求は証拠集めがカギ

夫や妻が浮気をしたら、慰謝料を請求するのは珍しいことではありません。しかし、事実婚のカップルの場合はどうでしょう? 法律上の夫婦ではないため、慰謝料の請求ができないのではと悩んでいませんか? 浮気をされると精神的にもダメージを受けます。そんな中、正しい知識がないばかりに不利益を被ることがあってはなりません。この記事では、事実婚のカップルの浮気と慰謝料についてご紹介します。

  1. 事実婚とは
  2. 事実婚における浮気について
  3. 事実婚の浮気の慰謝料について
  4. 事実婚の浮気、慰謝料を請求するためには
  5. 事実婚の浮気についての相談、調査について
  6. よくある質問

この記事を読むことで、事実婚において浮気をされたときの対処の方法が分かります。慰謝料の請求をするときに不利にならないためにも、正しい知識を身につけましょう。

1.事実婚とは

通常「結婚」というと「法律婚」を指しますが、中には婚姻届けを出さない「事実婚」を選ぶカップルもいます。では、事実婚と法律婚では何が違うのでしょう? ここでは、事実婚についての基礎知識を押さえておきましょう。

1-1.定義

事実婚とは、大辞林によると以下のように記されています。

法律上の婚姻をしていないが、社会的に夫婦と同一の生活を送っていること。特に、婚姻の意思がない点で内縁と区別して使用される。

出典:大辞林

内縁関係は、事情があって婚姻届けが出せないでいるカップルというニュアンスですが、事実婚は、婚姻届けを出さないことを自ら選んでいる点で違います。夫婦別姓を名乗りたい場合に選択されることが多いのです。   

1-2.事実婚を選ぶメリット、現状

事実婚は、届け出がないため正確な数字は把握できませんが、婚外子(婚姻届けを出していない男女の間に生まれた子)の割合は全体の2%程度です。しかし、最近では若い世代だけでなく、熟年世代が再婚するときに事実婚を選ぶことも増えてきました。こうした子どもを持たない事実婚カップルもいることを考えると、実際にはより多くの事実婚カップルがいると想像できます。事実婚を選ぶ人にとって何が魅力なのか、メリットを上げてみましょう。

1-2-1.夫婦別姓

一番大きなメリットは、夫婦が別姓でいられる点です。法律婚では多くの場合、女性が姓を変えます。女性の社会進出が進んだ現代では、改姓せずに済むことで、会社での業務がスムーズに運ぶのです。また、別姓でいることで、夫と妻が対等な立場でいることができるという意見もあります。

1-2-2.改姓による手続きの省略

改姓に伴う諸々の手続きを省くことができます。役所関係・会社・銀行から運転免許証やパスポートなど、煩わしい手続きをしなくても済むのです。もし離婚をした場合、同じ手続きをもう一度しなければならず、離婚経験者が次の結婚では事実婚を選ぶ傾向が高いともいわれています。

1-2-3.戸籍にバツがつかない

婚姻届けを出さないため、離婚届けも必要ありません。戸籍上には婚姻していた事実の形跡は残らず、別れても戸籍に傷がつくことがないのです。

1-3.権利と義務について

事実婚は法律によらない夫婦関係ですが、権利と義務はどうなっているのでしょう? それを知るために、まずは法律婚の権利と義務についておさらいしておきましょう。婚姻では以下のような権利と義務が発生します。

  • 同居、協力及び扶助の義務
  • 貞操義務
  • 婚姻費用の分担義務
  • 日常家事債務の連帯責任
  • 帰属不明財産の共有
  • 婚姻不当破棄による損害賠償
  • 婚姻解消による財産分与
  • 年金分割請求 など

事実婚は法律上の夫婦ではありませんが、「婚姻に準じる関係」とみなされます。したがって、上記の権利と義務についても同等の権利・義務が生じるのです。ただし、財産分与については、事実婚では法定相続人にならないため、財産の継承には遺言を残すなどの対策が必要になります。