事実婚でもあきらめないで! 浮気の慰謝料請求は証拠集めがカギ

夫や妻が浮気をしたら、慰謝料を請求するのは珍しいことではありません。しかし、事実婚のカップルの場合はどうでしょう? 法律上の夫婦ではないため、慰謝料の請求ができないのではと悩んでいませんか? 浮気をされると精神的にもダメージを受けます。そんな中、正しい知識がないばかりに不利益を被ることがあってはなりません。この記事では、事実婚のカップルの浮気と慰謝料についてご紹介します。

  1. 事実婚とは
  2. 事実婚における浮気について
  3. 事実婚の浮気の慰謝料について
  4. 事実婚の浮気、慰謝料を請求するためには
  5. 事実婚の浮気についての相談、調査について
  6. よくある質問

この記事を読むことで、事実婚において浮気をされたときの対処の方法が分かります。慰謝料の請求をするときに不利にならないためにも、正しい知識を身につけましょう。

1.事実婚とは

通常「結婚」というと「法律婚」を指しますが、中には婚姻届けを出さない「事実婚」を選ぶカップルもいます。では、事実婚と法律婚では何が違うのでしょう? ここでは、事実婚についての基礎知識を押さえておきましょう。

1-1.定義

事実婚とは、大辞林によると以下のように記されています。

法律上の婚姻をしていないが、社会的に夫婦と同一の生活を送っていること。特に、婚姻の意思がない点で内縁と区別して使用される。

出典:大辞林

内縁関係は、事情があって婚姻届けが出せないでいるカップルというニュアンスですが、事実婚は、婚姻届けを出さないことを自ら選んでいる点で違います。夫婦別姓を名乗りたい場合に選択されることが多いのです。

1-2.事実婚を選ぶメリット、現状

事実婚は、届け出がないため正確な数字は把握できませんが、婚外子(婚姻届けを出していない男女の間に生まれた子)の割合は全体の2%程度です。しかし、最近では若い世代だけでなく、熟年世代が再婚するときに事実婚を選ぶことも増えてきました。こうした子どもを持たない事実婚カップルもいることを考えると、実際にはより多くの事実婚カップルがいると想像できます。事実婚を選ぶ人にとって何が魅力なのか、メリットを上げてみましょう。

1-2-1.夫婦別姓

一番大きなメリットは、夫婦が別姓でいられる点です。法律婚では多くの場合、女性が姓を変えます。女性の社会進出が進んだ現代では、改姓せずに済むことで、会社での業務がスムーズに運ぶのです。また、別姓でいることで、夫と妻が対等な立場でいることができるという意見もあります。

1-2-2.改姓による手続きの省略

改姓に伴う諸々の手続きを省くことができます。役所関係・会社・銀行から運転免許証やパスポートなど、煩わしい手続きをしなくても済むのです。もし離婚をした場合、同じ手続きをもう一度しなければならず、離婚経験者が次の結婚では事実婚を選ぶ傾向が高いともいわれています。

1-2-3.戸籍にバツがつかない

婚姻届けを出さないため、離婚届けも必要ありません。戸籍上には婚姻していた事実の形跡は残らず、別れても戸籍に傷がつくことがないのです。

1-3.権利と義務について

事実婚は法律によらない夫婦関係ですが、権利と義務はどうなっているのでしょう? それを知るために、まずは法律婚の権利と義務についておさらいしておきましょう。婚姻では以下のような権利と義務が発生します。

  • 同居、協力及び扶助の義務
  • 貞操義務
  • 婚姻費用の分担義務
  • 日常家事債務の連帯責任
  • 帰属不明財産の共有
  • 婚姻不当破棄による損害賠償
  • 婚姻解消による財産分与
  • 年金分割請求 など

事実婚は法律上の夫婦ではありませんが、「婚姻に準じる関係」とみなされます。したがって、上記の権利と義務についても同等の権利・義務が生じるのです。ただし、財産分与については、事実婚では法定相続人にならないため、財産の継承には遺言を残すなどの対策が必要になります。

2.事実婚における浮気について

結婚生活には、前述のように様々な義務が生じますが、その義務を怠るとペナルティが課せられます。浮気もそのひとつで、不貞行為があれば貞操義務違反となり、損害賠償請求の対象となるのです。では、事実婚においてどちらかが浮気をした場合はどうなるのでしょう。詳しく解説します。

2-1.不倫、不貞行為になるのか?

前章で説明した通り、事実婚でも夫婦には貞操義務が生じます。貞操義務とは、夫婦が互いに性的純潔を保つことです。日本では一夫一婦制をとっていることから、夫婦は配偶者以外の者と性交渉を持つべきではないと考えられています。
たとえ婚姻届けを出していなくても、事実上の夫婦として暮らしている以上、夫や妻以外の人と自由な意思で性交渉に及べば不貞行為とみなされるのです。

2-2.法律婚の不倫との違いはあるのか?

貞操義務については、法律婚でも事実婚でも違いはありません。「不貞行為」というのは法律用語で、配偶者以外との肉体関係のことを指します。一般的な言葉では不倫、浮気といわれるものです。しかし、こちらは定義があいまいで、大辞林(第3版)によると、不倫は「男女の関係が人の道にはずれること」となっています。浮気は「妻や夫など定まった人がいながら他の異性と情を通ずること」という表現です。
いずれも、どのような行為を指すかが具体的ではないため、浮気について訴える場合は、法律上の不貞行為があったかどうかが争点になります。

3.事実婚の浮気の慰謝料について

「浮気」というのは定義があいまいと述べましたが、不貞行為があった場合として解説していきます。事実婚の場合は、浮気を理由に慰謝料の請求はできるのでしょうか?

3-1.慰謝料は請求できるか

芸能ニュースなどで「浮気が発覚して慰謝料を請求」などという話をよく聞くように、法律婚では浮気による慰謝料請求は当たり前のように行われています。では、事実婚の場合はどうでしょう?
事実婚は、婚姻届けを出していないだけであって、社会的にも夫婦と認められた存在になります。つまり、婚姻に準じる関係と認められているため、浮気による慰謝料(損害賠償)の請求も、法律婚の場合と同様に認められるのです。

3-2.問題点

慰謝料請求をする場合、重要なのは二人が「事実婚」という状態にあることを社会的に証明できるかどうかです。事実婚であると証明できなければ、婚姻に準じる関係として認めてもらうことはできません。婚姻届けのない事実婚では、その事実を社会的に証明することで初めて権利が認められるのです。

4.事実婚の浮気、慰謝料を請求するためには

事実婚の配偶者として慰謝料を請求するために必要な手続きや書類について解説します。

4-1.事実婚の証明方法

慰謝料の請求をする前に、まずは事実婚関係にあることを証明しなければなりません。事実婚であることを証明するには、住民票を使います。住民票を一つにしてどちらかを世帯主とすることで、同一世帯であることの証明になるのです。続柄欄には、妻(未届)または夫(未届)と記載することで夫婦関係にあることを証明できます。
また、周囲から見て夫婦の実態があるかを証明してもらうのも有効でしょう。お互いの親、会社の上司や同僚、近所の人など、係わりのある人たちの証言を得ることで、事実婚の証明になるのです。

4-2.慰謝料請求に必要なもの

慰謝料請求には必要なものや条件があります。

4-2-1.書類

まずは二人の事実婚を証明する書類を揃えておきましょう。前述の住民票のほかに、生計を一つにしている証明として、公共料金の請求書の提出を求められることがあります。同様に共通の通帳口座があると、家計を共にしていることが証明できるのです。

4-2-2.証拠

浮気=不貞行為を働いている証拠を集めましょう。1回だけの浮気では慰謝料が認められないこともあるので、複数回にわたるラブホテルに出入りする写真や、ラブホテルに一定時間滞在していた記録などは有効な証拠となります。浮気相手とのメールの履歴やツーショット写真だけでは、十分な証拠にはなりません。

4-2-3.その他

配偶者だけでなく、浮気相手にも慰謝料を請求するには、相手が事実婚関係を知っていた必要があります。知らなかった場合は、浮気相手への慰謝料請求はできません。また、浮気を始めた時点ですでに夫婦としての関係が破綻していた場合(家庭内別居や性生活がなかったなど)は、浮気を理由に慰謝料を請求することはできないのです。

4-3.注意点

浮気の証明は、法律上では不貞行為=性交渉があったことを証明しなければなりません。たとえば、「親しげに食事をしていたところを目撃した」または「キスしていた」というだけでは証拠にならないのです。かといって不貞行為の現場に遭遇することは通常ではあり得ません。証拠を押さえるためには相手の行動を見張ったり、写真を撮ったりする必要があります。せっかく集めた証拠でも、法的な効力を持たないものでは意味がありません。自分で証拠を集めるのは難しいことを知っておきましょう。

5.事実婚の浮気についての相談、調査について

配偶者の浮気を疑ったとき、自分で証拠を集めることは困難なうえに精神的にもダメージが大きくなってしまいます。一人で悩まずに専門家に相談したり、調査を依頼したりすることで、精神的にも楽になり、気持ちの整理もつきやすくなるものです。ここでは、専門家への相談の仕方を説明します。

5-1.相談や調査すべきケース、メリット

浮気調査をプロに任せると、対象者に気づかれずに裁判で使える浮気の証拠を押さえることができます。確実に証拠を手に入れたい、時間をかけたくない、相手にばれたくない場合は、プロに依頼することを考えましょう。以下のような場合は専門家に相談することをおすすめします。

  • 浮気をしているかどうか事実が知りたい
  • 事実婚の解消を有利に進めたいので証拠写真が欲しい
  • 浮気相手と別れさせたい
  • パートナー・浮気相手に慰謝料を請求したい
  • 事実婚を解消して子どもの親権を得たい

5-2.業者の選び方

慰謝料請求のための浮気・不倫調査は、証拠の収集能力の高い業者を選ぶ必要があります。一般的な依頼先は探偵事務所です。信頼のおける業者の選び方は以下のポイントを参考にしてください。

  • 実績が豊富か(提示できる事例があるか)
  • 探偵業の届け出をしているか
  • 料金・見積もりは明確か
  • 対応は丁寧か
  • リアルタイムで調査の報告ができるか

見積もり以外の金額がかかったり、時間料金システムで思いもよらない請求金額になったりする場合があるので、よく確かめましょう。

5-3.相談、調査方法

まず相談し、調査内容と調査開始日を話し合って決めましょう。浮気調査は、その目的によって調査の方法も異なります。慰謝料が欲しいのか、離婚したいのか、相手と別れてさせてやり直したいのか、目的を明確にして相談することが大切です。調査の流れについて、探偵社アヴァンスの例で説明しましょう。

  • 対象者の張り込み・備考・追跡により、証拠の撮影・浮気相手の特定を行う
  • 調査中、メールなどを使いリアルタイムで報告
  • 調査終了後には証拠(写真・映像)とともに詳細な報告書を提出

調査中は対象者に気づかれることなく終始監視し、分刻みで行動を記録していきます。探偵社アヴァンスの報告書は、裁判や調停で証拠として利用できるものです。

5-4.料金相場

料金体系は業者によっても違いますが、大きく分けて「時間料金型」「パック料金型」「成功報酬型」の3つに分かれます。それぞれの特徴を説明しましょう。

  • 時間料金型:基本料金プラス1時間当たりの料金が加算される。経費についても追加で請求されることがあるため事前確認が必要
  • パック料金:基本料金がなく、事前調査費・車両費・機材費・フィルム代・調査報告書代などを含むケースが多い。追加料金の請求がないので安心
  • 成功報酬型:依頼時に着金を払い調査が成功したら報酬金を支払う。なにを「成功」とするかを明確にしないとトラブルのもととなる

料金の相場としては、探偵一人当たり7,000~10,000円が相場です。ただしこれは機材などを含まない時間単価なので、実際にはここに機材や報告書作成などの費用が入ります。参考までに探偵社アヴァンスの料金をご紹介しましょう。

  • 1日お試しパック(4時間)45,000円(新規1回のみ)
  • 4日パック(16時間) 190,000円
  • 6日パック(24時間)285,000円
  • 8日パック(32時間) 380,000円

追加料金は1名1時間7,500円になります。上記は全て税別です。

5-5.注意点

悪徳業者は、調査員を勝手に追加して追加料金を請求する場合もあるので注意しましょう。見積もりを取るときに、調査の範囲と見積もりに含まれる料金・含まれない料金を確かめることが大切です。

6.よくある質問

Q.調査料金を安くするにはどうしたらいいでしょう?

A.事前に調査対象者についての情報をなるべく多く用意することです。情報提供が多ければ調査時間の短縮になり、経費の低減につながります。

Q.延長などで料金が高くなってしまわないか心配です。

A.善良な業者は、勝手に調査を始めたり延長したりしません。調査時間をリアルタイムで把握できる業者を選びましょう。

Q.調査していることはバレませんか?

A.経験豊富な探偵は、調査対象者に気づかれず尾行・撮影などを実行することができます。実績のある業者を選ぶことが大切です。

Q.事実婚であることを周囲に伝えてなくても事実婚の証明はできますか?

A.住民票や公共料金の請求書など、客観的事実で証明することができるでしょう。

Q.浮気相手に慰謝料を請求できませんか?

A.浮気相手が事実婚関係にあることを知っていながら関係を続けていた場合は請求することができます。

まとめ

婚姻届けを出さない事実婚夫婦でも、法律上の夫婦と同様の権利や義務があることがおわかりいただけましたか? 事実婚だからといって、浮気をされても泣き寝入りすることはなく、慰謝料の請求ができるのです。一人で悩んだりあきらめたりせずに、専門家に相談して証拠を集めましょう。浮気をした配偶者と浮気相手にきっちりと償わせるために、この記事を参考にしてください。