不倫の出会い・きっかけを防ぐには!? 浮気させない対策や調査方法など

妻や夫の不倫で悩んでいる方は少なくありません。配偶者に浮気歴・浮気癖がある場合はさらに心配になってしまうでしょう。配偶者に不倫をさせたくないという方のために不倫の出会いやきっかけについてまとめました。

  1. 不倫の出会いについて
  2. 不倫の出会い・心理について
  3. 不倫の出会いを減らす・なくすためにできること
  4. 不倫の相談・調査について
  5. 不倫についてよくある質問
  6. まとめ

不倫の出会い・きっかけを知りたい・防ぎたいという方はぜひ最後まで読んでみてください。浮気調査方法や不倫させないための対策などもしっかりとご紹介します。

1.不倫の出会いについて

1-1.どんな出会いがあるのか

不倫の出会いについて、代表的なものをご紹介します。初対面でなくても、とあるきっかけから不倫が始まってしまうことがあるのです。

  • 社内恋愛(職場・パート先など)
  • SNS(オフ会・DMを使用した密会など)
  • 同窓会
  • 出会い系サイトなど

1-2.不倫の実態について

1-2-1.不倫が始まる時期について

不倫と結婚年数について、下記のような回答があります。

  • 結婚1~3年目で不倫が始まった:35%
  • 結婚4~6年目で不倫が始まった:19%

意外にも、新婚のほうが不倫が始まりやすい傾向にあると言えるでしょう。配偶者の不倫を防ぐには、3年目までがポイントと言えます。

1-2-2.不倫のきっかけについて

不倫のきっかけや出会いで、ランキング上位のものをご紹介します。

  • 仕事の相談をした
  • 残業で二人きりになった
  • 既婚者(上司など)と飲みに行った
  • 一緒に出張に行った
  • 社内旅行で行動を共にした
  • SNSで出会った
  • 同窓会で再会した

2.不倫の出会い・心理について

2-1.出会いが不倫に変わる心理とは?

日常生活の中には、日頃から異性と出会う機会が多くあります。それでも、不倫に発展する人としない人がいるのはなぜなのでしょうか。不倫しやすい人のタイプや特徴についてまとめました。

  • 家庭・職場に居場所がない・居心地が悪い
  • 趣味や打ち込むものがない
  • 流されやすい
  • 他者から褒められたり認められたりすることが好き
  • 必要とされたい・頼りにされたい
  • 可処分所得が多い

2-2.注意点

不倫しやすい人の特徴はあくまでも特徴です。どんな人がいつ不倫をするかは分かりません。夫婦関係がうまくいっていない・配偶者の元気がない・強いストレスがかかっているようなときは、不倫になびきやすくなってしまいます。また、お酒の席では気がゆるむので注意が必要です。

3.不倫の出会いを減らす・なくすためにできること

3-1.不倫の対策方法

不倫を防ぐには、不倫の出会いとなる場面を減らすか、出会っても不倫をさせない工夫が必要です。出会いを減らすということは、不倫の心配は少なくなるものの、配偶者の人間関係を広げるチャンスや、社会性を損ねてしまうことにもなるので注意しましょう。具体的な対策は次項でご紹介します。

3-2.不倫対策の具体例

3-2-1.出会い自体を防ぐ

  • 飲み会に行かせない
  • SNSをさせない・アカウントをチェックする
  • 男女が参加する会には行かせない
  • 門限を決める

3-2-2.出会いがあっても不倫をさせないようにする

  • 配偶者を信用していることを伝える
  • 不倫のデメリットを伝えておく(配偶者が悲しむ・社会的制裁・慰謝料など)
  • 普段から褒めたり認めたりして、家庭内に居場所を作る
  • 外出時は帰宅時間など連絡する約束をする
  • 出張・泊まりこみ・旅行などの際は、同行者の身元や宿泊施設の連絡先を確認しておく(緊急連絡時という名目で)

3-3.注意点・NG行為

上記の対策を試すには、「あなたは不倫をしない」という信頼が前提となります。初めから疑ってかかると、相手に嫌な思いをさせたり、反抗心を買って逆に不倫をしやすくなってしまう場合もあるので注意しましょう。出会いを減らす方法は、いざという時用にとっておくのがおすすめです。

4.不倫の相談・調査について

4-1.相談や調査すべき場合

不倫が原因で離婚をしたい・離婚の方向で話が進みそうだ、という方は、不倫・浮気調査を依頼してしっかりとした証拠を集めることをおすすめします。客観性のある証拠があれば、慰謝料請求などで有利になるからです。個人的に証拠を押さえるのはほぼ不可能と考えていいでしょう。尾行や待ち伏せには高いスキルと、時間・労力が必要とされます。また、夜間や遠方の写真撮影には専用の機材が不可欠です。調査はプロに依頼するのがいいでしょう。

4-2.調査業者選びのポイント

浮気・不倫調査を依頼する際は、業者の選定をしっかりと行いましょう。業者の選び方について、チェックするポイントをまとめましたので参考にしてみてください。

  • 実績・経験・ノウハウが豊富
  • 料金が明確
  • 作業内容と料金などが書面やデータで提示される
  • 調査時間を短くする(安くする)工夫がある
  • 探偵業・公正委員会などの資格を持っている

4-3.調査方法・料金相場など

4-3-1.調査方法

不倫調査では、張り込み・尾行・写真撮影・報告書作成が主な作業となります。ご参考として、探偵社アヴァンスの作業内容は以下のとおりです。

  • 張り込み・尾行・追跡等
  • 証拠の撮影・浮気相手の特定・調査
  • 調査終了後、裁判で使用できる証拠(写真・映像)・調査報告書を提出

探偵社アヴァンスでは、お客様と相談のうえ、作業日時を決めます。また調査中も1時間おきにお客様へ連絡をするため、作業の打ち切りや続行を決めやすくなるでしょう。

4-3-2.料金相場

調査会社の料金は、基本的に時間で決まります。探偵社アヴァンスの調査料金をご紹介しますので、参考にしてみてください。

  • 1日お試し(4時間):45,000円(初回1回のみ)
  • 4日パック(16時間):190,000円
  • 6日パック(24時間):285,000円
  • 8日パック(32時間):380,000円

4-4.注意点

調査会社によっては、下記のような内容が料金に含まれていないこともあるので注意してください。

  • 事前調査費(下見・視察)
  • 車両費(普通車・バイク・自転車)
  • 機材費
  • フィルム代
  • 写真現像代
  • CD(写真集※希望者のみ)作成代
  • 調査報告書作成費

※探偵社アヴァンスではすべて料金内です。ただし、対象者が飲食店やレジャー施設に入った場合に追跡するための飲食費・入園料などについては、別途請求となることがあります。その場合は、お客様の承諾を頂いてからの入店・入園となりますのでご安心ください。

5.不倫についてよくある質問

Q.調査費用を安く抑えるコツはありますか?
A.調査時間が短いほど費用は安くなるため、時間短縮のための工夫が必要です。不倫を実行しそうな曜日や時間帯を絞っておくとよいでしょう。そのためには、普段の生活を観察し、帰宅がいつも遅い曜日や、出張日などをチェックするのがおすすめです。

Q.調査事例や写真が見たいのですが
A.探偵社アヴァンスの調査事例や、報告書サンプルをご紹介します。具体的な例をご覧いただけますので、ぜひ参考にしてみてください。

Q.自分で浮気調査をするにはどうしたらいいですか?
A.証拠集めや浮気相手の特定などはプロに依頼しましょう。個人でできる調査としては、以下のようなものがあります。

  • 毎日の行動パターンの観察(記録)
  • 預貯金が動いていないかチェックする
  • クレジットカードや携帯電話の明細をチェックする

Q.不倫をしているかチェックする方法は?
A.以下の内容に多く当てはまる場合は、浮気・不倫の可能性が高くなります。

  • 急に身だしなみやファッションにこだわりだした
  • 前よりも機嫌が良くなった・悪くなった
  • 携帯電話・スマホを肌身離さず持ち歩くようになった
  • 残業・飲み会・出張が異様に多くなった
  • 外出中の連絡頻度が落ちた

Q.不倫離婚をしたら親権はどうなりますか?
A.不倫離婚では、不倫をした側は100%親権を取れないというわけではありません。不倫をした側が、不倫により家事や子育てがおろそかになった・家計費を入れなくなったなどの場合は、不倫された側が親権を取れる可能性が上がります。

6.まとめ

不倫の出会いや調査などについてまとめました。配偶者の不倫を予防したい方・今後、配偶者と不倫相手との出会いが不安という方は、今回の内容を参考にしてみてください。不倫の悩みがある方は、ひとりで悩まずプロに相談するのも一手です。