妻の不倫で離婚したい人へ! 浮気による離婚を有利に進める方法!

「まさか妻が不倫をするなんて信じられない」「自分だけを愛してくれているはずだったのに浮気をするなんて」など、愛する妻の不倫でショックを受ける男性が増えています。不倫は、重大な裏切り行為です。もしも、妻の不倫を許すことができない場合は、離婚を考えることになるでしょう。つらい決断ですが、2人にとって離婚が最良の方法ならば仕方がありません。今回は、妻の不倫による離婚について詳しく解説します。

  1. 妻の不倫による離婚とは?
  2. 妻の不倫が原因で離婚を決めたら
  3. 妻の不倫による離婚手続きを進めるコツ
  4. 妻の不倫による離婚で知っておくべきこと
  5. 妻の不倫による離婚でよくある質問

この記事を読むことで、妻の不倫による離婚を有利に進めることができます。まずは、記事をじっくり読み進めてみてください。

1.妻の不倫による離婚とは?

最初に、妻の不倫による離婚について解説します。実際に妻の不倫で離婚するケースがどのくらいあるのかなど、参考にしてください。 

1-1.妻の不倫は多い?

「うちの妻に限って不倫をするはずがない」と夫が思いたい気持ちも分かります。しかし、実際には妻が不倫に走るケースが増えているのです。夫が気づいていないだけで、夫以外の恋人を作って楽しんでいる妻は多く存在します。理由はさまざまですが、夫への愛情がなくなった・純粋に好きな相手ができた・夫婦生活に不満があるなどが多いのです。

1-2.離婚するケースはどれぐらい?

妻の不倫がきっかけとなり、離婚に至るケースもあります。たとえば、妻の不倫を許せなかったりすでに夫婦関係が破たんしていたりして離婚に至るのです。さて、夫の不倫で離婚する確率が4割程度であるのに対し、妻の離婚が原因の場合は7割から8割になります。男性が女性の不貞を許すことができない傾向が現れていると言えるでしょう。

1-3.離婚かやり直すかを決めるために

妻の不倫が発覚したときは、離婚をするかやり直すかよく考えて決める必要があります。離婚は、想像以上にエネルギーを使うだけでなく、さまざまな手続きや金銭の問題もあるからです。また、子どもがいれば親権をどうするかも考える必要があります。夫が妻に不倫されたことをどうしても許せない場合は離婚手続きを、2人でやり直す意思を確認できた場合は婚姻関係を続行できるように進めていきましょう。