不倫しても親権は取れる? 浮気離婚と子供の関係・影響など

配偶者の不倫や浮気によって離婚を検討している夫婦の中には、子供の親権について悩んでいる・もめているという方もいらっしゃるでしょう。「不倫した側は絶対に親権を取れない?」「親権を取るために有利なことは?」など、さまざまな悩みや疑問があるでしょう。そこで今回は、不倫と親権について詳しくご紹介します。

  1. 親権について
  2. 不倫と親権について
  3. 不倫で離婚したときの親権は?
  4. 親権を手に入れるための準備とは
  5. 不倫・親権についてよくある質問
  6. まとめ

そもそも、親権とはなんなんのか、不倫が親権に与える影響はどのようなものなのか、親権の判断材料など、さまざまな面からご説明します。不倫・浮気と親権について知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.親権について

1-1.親権とは

親権とは、未成年の子供に対して持つ、親の義務のことです。具体的には、子供を監護(監督保護)し、養育および財産管理を行う義務をいいます。また、親は代理人として法律行為を行う権利・義務もあるのです。

1-2.どんな法律に基づくか

親権というと、子供と一緒に暮らして育てる権利というイメージを持つ方も多いでしょう。結論的にはその解釈で間違っていないのですが、正確に言うと親権は2つの権利に分類されます。それは、身上監護権・財産管理権です。それぞれの権利・内容について民法上で規定されています。

1-3.親権の内容

親権は、親権監護権と財産管理権から成り立っています。普通は両方の権利をセットで持つことが多いですが、親権監護権と財産管理権を分離することも可能です。その場合は、財産管理権を持った者が親権者となります。しかし、子供の居所を指定できる(一緒に暮らすことができる)のは身上監護権を持った者です。つまり、離婚後の夫婦は、以下のどちらかの立場になります。

  • 親権者(身上監護権+財産管理権)/親権のない者
  • 親権者(財産管理権)/親権のない者(身上監護権)