職場(会社)で不倫が多い理由とは?不倫を見抜き、解決する方法は?

配偶者が、職場(会社)で出会った人と不倫をした、という話は決して珍しいことではありません。映画やドラマの題材にもなるくらい、職場での不倫は多いのです。ではなぜ、職場で出会った人と不倫してしまいやすいのでしょうか? 
今回は、職場で不倫が起こりやすい理由やその対策、不倫の見破り方や証拠のつかみ方などを解説します。

  1. 職場では不倫が起こりやすい理由
  2. 職場での不倫を未然に防ぐ方法
  3. 配偶者が不倫をしているかどうか確かめる方法
  4. 職場の不倫に関するよくある質問

この記事を読めば、職場で不倫をするリスクやデメリットもよく分かるでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.職場では不倫が起こりやすい理由

職場で不倫が起こりやすいのは、

  • 同じ場所(職場)で過ごす時間が長い
  • 同じ仕事をしているので、連帯感が生まれやすい
  • 不倫の言い訳がしやすい
  • 宴会や社員旅行、出張など親密になるきっかけが多い
  • ストレスが溜まりやすい職場の場合、ストレス解消の手段として不倫を行うことがある

などの理由があります。また、上司と部下のような関係がある場合は誘われたら断りにくく、ズルズルと不倫をしてしまうということもあるでしょう。2013年に相模ゴム株式会社という会社が行った「ニッポンのセックス」というアンケート調査によると、不倫をしている人の約20%が、相手とは職場(会社)で出会った、と回答しています。現在は、SNS等を利用して不倫相手と出会う人も増えているそうですが、当分の間は職場が不倫相手との出会いの場になりやすいことには、変わりないでしょう。