尾行調査が探偵でないと危険な理由は? よくある疑問を徹底解説

尾行調査とはターゲットの跡をつけて、どのような行動を取っているかなどを調査するものです。探偵業者に浮気調査や素行調査を依頼した場合は、尾行調査や張り込み調査がメインの調査方法となります。

今回は、尾行調査で分かることや探偵業者に尾行調査を依頼する方法などを、解説しましょう。

  1. 尾行調査の基礎知識
  2. 尾行調査を依頼したい場合
  3. 探偵業者の選び方と費用相場
  4. 尾行調査に対するよくある質問

この記事を読めば、尾行調査を依頼するタイミングや依頼をする際の注意点などもよく分かります。探偵業者に調査を依頼したいと考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.尾行調査の基礎知識

はじめに、尾行調査をする目的や方法などを解説します。どのようなことを知るために調査を行うのでしょうか?

1-1.尾行調査とはどのような調査?

尾行調査とは、ターゲットの後をつけてその行動を調査する方法です。調査方法としては最もポピュラーなものの1つなので、テレビや映画などで見たことがある方も多いでしょう。浮気調査や素行調査を探偵業者などに依頼した場合、尾行調査と張り込み調査を組み合わせて浮気の証拠を集めたり、現場を押さえたりするところが大半です。

1-2.尾行調査の目的

尾行調査を行えば、ターゲットの行動パターンが分かります。たとえば、浮気調査の一環として尾行調査を行った場合、

  • 浮気の頻度
  • 浮気相手と会っている場所
  • 浮気相手の顔や住所

などが分かるでしょう。

1-3.尾行の方法

尾行は徒歩で行う方法と車両を使って行う方法があります。ターゲットが徒歩で移動していれば徒歩で、車を使っていれば車で尾行することになるでしょう。また、ドラマや映画ではタクシーに乗りこんだターゲットを同じようにタクシーで追いかけるシーンもありますが、現実ではあまり行われることはありません。

1-4.尾行調査の難しさ

尾行調査は、ターゲットに怪しまれれば終わりです。一定の間隔を開けてついていくわけですから顔見知りだったり家族だったりすれば、すぐばれてしまう可能性があります。また、徒歩で移動するターゲットも電車やバスなどに乗ることもあるでしょう。この場合はターゲットとの距離が近いので、見つかる危険性が高くなります。
車両尾行の場合はさらに難易度が高くなるため、探偵業者でも途中で尾行調査をあきらめなければならないことも珍しくありません。
ですから、配偶者が浮気をしているようだという場合も、自分で尾行調査を行うことはやめたほうがよいでしょう。人ごみの中では見失う可能性がありますし、人の少ない場所ではすぐにばれてしまいます。また、車両尾行をした場合はターゲットの車に気を取られすぎると、事故を起こす可能性もあるでしょう。