不倫中の妊娠が発覚した場合の対処法は? ケース別に紹介

不倫相手が妊娠する・W不倫で自分が妊娠するなどのさまざまなケースがあります。不倫関係を持っているときの妊娠は、状況によって問題点や判断が異なるでしょう。妊娠が発覚した場合は、冷静に対処していかなければなりません。判断を誤ってしまえば、苦しい状況になってしまうので注意が必要です。そこで、本記事では、不倫と妊娠のあらゆるケースや発覚したときの対処法・相談などについて説明します。

  1. 不倫と妊娠について
  2. 不倫中に妊娠が発覚したらするべきこと
  3. 不倫中の妊娠~産まない場合
  4. 不倫中の妊娠~出産する場合
  5. 不倫中の妊娠~そのほかのケース
  6. 不倫で妊娠が発覚したときの相談について
  7. 不倫の妊娠に関してよくある質問

この記事を読むことで、不倫中の妊娠が発覚したときに対処すべき方法が分かります。不倫中の妊娠で相談したい方は、ぜひ参考にしてください。

1.不倫と妊娠について

不倫中の妊娠には、さまざまなケースがあります。それぞれのケースを踏まえた上で、問題点について触れていきましょう。

1-1.どんなケースがあるか

主なケースとしては、不倫相手が妊娠した場合・不倫中に本妻が妊娠した場合・W不倫で妊娠する場合があります。

1-1-1.不倫相手が妊娠

よくあるのが、家庭があるにもかかわらず、不倫関係になっていた女性が妊娠するケースです。相手が知らせてくれず、だまって出産することもあります。そのようなことにならないためには、出産するか、それとも中絶をするのか、しっかりと相談して選択しなければなりません。また、不倫相手が妊娠すれば、奥さんに秘密にするのも限界です。

1-1-2.本妻が妊娠

不倫中に、不倫相手ではなく、本妻が妊娠するケースもあります。本妻が妊娠した場合は、中絶をする意味がないため、出産するケースがほとんどです、不倫相手と関係を続けるのか、それとも関係を続けるのか、判断すべききっかけになるでしょう。

1-1-3.W不倫のケース

既婚者同士で不倫をすることを、W(ダブル)不倫と言います。W不倫のケースは、女性側が妊娠することもあるでしょう。不倫相手との子どもを授かることになれば、配偶者との離婚か、それとも中絶を選択して不倫関係に縁を切るか、または1人で子どもを育てるのかなどを選択しなければなりません。

1-2.どんな問題が起きるか

さまざまなケース・立場について話しましたが、いずれにせよ、妊娠によって不倫関係が明るみに出ます。不倫関係も配偶者との関係も、円満に続けられなくなるので覚悟が必要です。男女どちらとも、妊娠に対する責任を負わなければならないことを、きちんと心の中に留めておいてください。不倫相手・配偶者どちらかの関係を終わらせる必要があります。