パート中に起こりやすい妻の不倫! 慰謝料や浮気調査について解説

女性が社会進出するようになり、結婚や出産後に再就職を考える機会が増えました。子どもがいる場合、働き方が限られてしまうことが多いものです。選ばれることが多いのは、パートという勤務スタイルとなっています。パートは希望する時間内で働くことができ、社会の一員になれた気持ちを抱くことでしょう。不倫というキーワードが何かと世間の話題になっていますが、パートをきっかけに出会いが増えているのも事実です。
「妻に限って不倫なんて」という思いを抱くのもよくわかります。しかし、パートは自分の時間を持てる喜びと、自由になるお金を手に入れることで、新たな自分を見出(いだ)すきっかけになっているのです。
パート中の不倫はなぜ起こるのか、パート中の不倫を防ぐための方法など、今回はパート中の不倫について徹底解説します。

  1. パートと不倫について
  2. パート中の不倫が起こりやすい理由とは?
  3. パート中の不倫を見抜くには?
  4. パート中の不倫を防ぐためのポイント
  5. 不倫の相談や調査について
  6. パート中の不倫でよくある質問
  7. まとめ

職場恋愛が昔からあるように、パート先など職場を介した出会いと不倫は今もなお続く問題です。 ダブル不倫などは問題がこじれやすい傾向にあるため、早めに不倫を見抜き、対策を講じることが大切でしょう。この記事を参考に、パート中に不倫していないかどうか、チェックしてみてください。

1.パートと不倫について

パートは女性が働きやすいスタイルであり、年々増加傾向にあります。主婦になっても社会とのつながりを持ちたいという願望が生まれることや、家計の助けとなりたいという気持ちから、パートを選ぶ方が多いのです。

1-1.増えている主婦のパート労働

子どもがいる家庭では、フルタイムで働くことができず、正規雇用が難しいものです。契約社員でも正規雇用と同じ勤務時間を強いられるため、主婦に選ばれるのは勤務時間を自分の希望に添うようにできるパートでしょう。女性の社会復帰などの支援も広がりつつあるため、主婦のパートは増えています。

1-2.不倫はパート中に起こりやすい?

パート先には丁寧に指導してくれる上司がいて、接点が多いことから恋心を抱いてしまうことがあります。夫より若い男性との出会いから、ときめきを感じてしまうこともあるのです。パート中に限らず、不倫願望を抱く人はいます。不倫したい人が集う掲示板がインターネットにあり、「不倫しませんか?」と交流を呼びかけ合うものです。不倫サイトを利用し、出会った相手と不倫を続ける人もいることを覚えておきましょう。

1-3.パート中の不倫に関する現状は?

40〜50代は、社会復帰しようと考えるタイミングと重なり、最も不倫しやすく、15%近い人が不倫を経験しています。パート先に不倫相手がいる・パートを装って不倫相手に会いに行く・パートをきっかけに妻が好きな男性を作ったなどです。不倫はパートを始めることで深い関係になることが多いでしょう。

2.パート中の不倫が起こりやすい理由とは?

パート中に不倫が起こりやすい理由についてご紹介します。

2-1.主な理由や心理

2-1-1.物理的理由

日常とは離れ、夫の目が届かない環境であることも、不倫に走りやすい要因です。仕事を協力して行うことで、信頼関係が生まれることも、恋に落ちるきっかけになります。

2-1-2.心理的要因

家庭から離れた女性は、普段は感じることができない開放感を抱きます。家事や育児で忙しくしている日常を忘れることができ、パート先で自分だけの世界を作れることも、不倫するきっかけになるのです。

3.パート中の不倫を見抜くには?

パート先は目が届きにくいため、不倫を見抜くのは難しいと思いますよね。不倫の確かめ方などを覚えておきましょう。

3-1.チェックリスト

  • パートの日数が増えた
  • 残業と称して帰宅が遅い
  • セックスレスになった
  • 服装やメイクが変わった
  • 家事を手抜きする
  • 夫婦の会話が減った
  • 夫の予定を知りたがる
  • SNSなどのサイトをよく閲覧している

上記のチェックリストにあてはまる部分があれば、不倫している疑いがあります。

3-2.不倫の確かめ方

自分でできる不倫の確かめ方は、プライバシーを侵害しない範囲で不倫相手とのやりとりをチェック方法です。おかしな点はないかなど、不倫と思わしきものを探っていきます。残業といって帰宅が遅くなる場合、パート先まで迎えに行くなどする方法も、不倫相手を特定できる手段です。

3-3.パート中の不倫を調査する方法・証拠の摑(つか)み方

最も簡単な方法は、行動を探ることです。パートが終わる時間を見計らい、尾行してみるといいでしょう。不倫相手と一緒に帰る様子や、立ち寄り先などを知ることができ、証拠を摑(つか)むきっかけになります。

3-4.パート中の不倫を見抜くときの注意点

不倫していることは、誰でも隠そうとします。調査をするときに注意したいのは、妻に知られないよう行動することです。自分での追跡や張り込みはやりにくいことも多く、ホテルなどでは待機も必要となります。虚(むな)しい気持ちになることもありますから、探偵などに委ねる方法も考えてみてください。

4.パート中の不倫を防ぐためのポイント

不倫は本気になってしまうことがあるため、予防策を講じる努力も必要です。不倫を防ぐポイントをご紹介します。

4-1.パート中の不倫を防ぐ対策

女性は自分の女らしさを認めてもらいたいという思いがあり、家庭で満たされない思いをほかの男性に求め、不倫に走ってしまいます。普段から妻を褒めるように意識し、ちょっとした髪型やメイクの変化にも気づいてあげることも大切です。思いやりの心を持ち、感謝の言葉は積極的に伝えるようにしましょう。夫が妻を女性として見てくれていると感じることが、最も不倫を防ぐ対策となります。

4-2.パート中の不倫を防ぐためのチェックポイント

妻に対する行動や態度を見直してみましょう。以下の項目にあてはまる方は、接し方に問題があると捉(とら)えてください。

  • ありがとう・ごめんなさいを言わない
  • 妻に関心を抱かない
  • 夫婦の営みをおろそかにしている
  • 話を聞こうとしない
  • 家事や育児に非協力的である

女性はとても繊細で、ふとした言葉や態度に傷つくこともあり、感謝の言葉1つで大きな喜びを感じることもあります。上記に該当するものがあるなら、少しずつ改善してみてください。

4-3.パート中の不倫を防ぐときの注意点

 パート中に不倫しているのではないかと不安になることもあると思いますが、責めることや問い詰めることはしないでください。不倫してしまうのは、自分にも非があると受け止め、まずは自分の態度や行動を改め、夫婦関係の修復を目指しましょう。

5.不倫の相談や調査について

妻の不倫を不安に感じ、家庭が壊れてしまうのではないかと戸惑いを覚えることでしょう。不倫調査や相談について知っておき、一人で抱え込まないようにしてください。

5-1.相談や調査すべき場合

浮気調査を請け負うのは、探偵です。パート先での様子を知ることができ、職場不倫なども暴きやすく、不倫の確実な証拠がほしいときに有利でしょう。不倫相手に関する情報も得ることができます。
探偵社アヴァンスでは、無料相談を実際に浮気調査をしている調査員が行うため、経験と過去の例を交えてお伝えすることが可能です。不倫だと思っていたけれど、やっぱり違ったなど話すだけで安心される方もいます。一人で悩まず、相談だけでも受けてみてください。

5-2.浮気調査や相談ができるところ

5-2-1.弁護士

弁護士は法律相談という意味合いが強く、離婚や慰謝料請求を視野に入れた場合に利用することが多いものです。ダブル不倫の場合、双方に慰謝料請求がなされる事態も想定できるため、弁護士は法に基づいた見解を指導してくれるでしょう。成果報酬となる場合がほとんどで、費用負担が大きくなる可能性も否めません。

5-2-2.探偵

探偵は、浮気調査のプロで、確実に証拠を押さえたいときに便利です。得た証拠を基に、和解するか離婚するかを考えることもできます。尾行や追跡といった素人では難しいことも、探偵は高いスキルで証拠を摑(つか)むまで張り込みを続けてくれるでしょう。浮気調査にかかる費用は業者ごとに異なりますが、定額パックなどの料金プランを用意している場合はコストを抑えた調査が可能です。

5-2-3.興信所

妻に浮気調査をしていることを隠したいなら、興信所は不向きです。興信所はどのような調査をしているのかを告げてから、身辺調査を行うため、秘密にしておくことはできません。不倫相手の素性調査などは、興信所でもできます。

5-3.浮気調査を依頼する業者のポイント

前述したとおり、浮気調査は探偵に依頼すべきでしょう。業者を選ぶときは、探偵業としてきちんと登録し、実績と経験が豊かであることを確認してください。料金プランがはっきりしており、良心的な姿勢であることも、質のいい業者である証拠です。料金設定がいい加減で、追加料金で法外な費用を取られないようにしてください。

5-4.相談や浮気調査の方法

前項でご紹介したとおり、探偵社アヴァンスでの相談は調査員が行います。過去の事例と照らし合わせ、現状をお聞きしてからアドバイスをしていますから、相談して安心感を抱かれる方も多いものです。
探偵社アヴァンスの浮気調査は、張り込みと追跡を中心に、パート先からの尾行などを行います。残業が多い日などをお知らせいただき、不倫相手との接触を写真に撮影するなどの手法です。ホテルへの出入りなど、確実な浮気の証拠がほしい方は探偵による調査がいいでしょう。

5-5.浮気調査の料金相場

探偵社アヴァンスの料金プランは、下記を参考にしてください。

  • 1日お試しパック 45,000円
  • 4日パック 19万円
  • 6日パック 28万5,000円
  • 8日パック 38万円

1日の調査時間は4時間が基本です。延長料金は、1時間ごと7,500円(調査員1名あたり)となっています。

5-6.浮気調査を依頼するときの注意点

探偵を称する悪質な業者には注意してください。探偵業として登録している、きちんとした業者に依頼しましょう。過去の調査事例なども見せてもらい、調査方法を聞いてから依頼すると安心です。

6.パート中の不倫でよくある質問

妻がパートに行きはじめたら、急に女性として輝き出すのは嬉(うれ)しく感じる一方で、不倫など心配もつきまといます。質問集で不安な点を解消しましょう。

6-1.不倫で本気になってしまうことはあるのか?

不倫は単なる遊びだけで終わるパターンばかりではありません。育児がひと区切りつき、パートに出ることで社会とかかわりを持ち、新たな恋に目覚めてしまうケースもあります。夫婦でコミュニケーションが少ない場合、本気の恋に発展してのめり込んでしまうこともあるのです。

6-2.なぜ40〜50代の女性が不倫しやすいのか?

女性の性欲は、40代から高まるとされています。そのため、好きな異性が現れ、憧れや女性としての喜びを感じることにより、一層深みにはまってしまうのです。40〜50代の女性は、女性として最も成熟した時期にあたり、第二の人生を歩みたいと願うタイミングとも合うのでしょう。

6-3.パート先で不倫している妻とは関係が修復できないものか?

夫としての在り方や妻への接し方を見直し、きちんと向き合って話し合いをしましょう。好きになって結婚した夫婦です。お互いの気持ちや将来について価値観を確かめ合い、関係修復を望むなら、今までの行動や態度を改めてみてください。

6-4.職場不倫は見つけられるのか?

ご自身の調査では、職場不倫を見つけるまでに粘り強く追い続ける必要があります。何とか証拠を掴(つか)みたいのであれば、探偵に調査を依頼するといいでしょう。

6-5.ダブル不倫は増えているのか?

お互いに家庭があるのに、不倫してしまう人は増えています。ダブル不倫は慰謝料請求などリスクを伴うものです。とはいえ、いったん燃え上がるような不倫を味わってしまったら、抜け出すまでには相当な時間がかかるでしょう。

7.まとめ

いかがでしたか? 育児が一段落したころ、女性は社会復帰することが多くなっています。家庭との両立がしやすいパートという働き方を選ぶこともあるでしょう。心配なのは、パート中に不倫するケースです。40〜50代は不倫しやすい傾向にあり、夫が妻を女性として見なくなったことや、普段から感謝される機会がないことが理由としてあります。パート先の職場での協力関係から信頼感が生まれ、恋心へと変わっていくことがほとんどです。女性として再び輝きたいという思いがあり、パート先での新たな出会い、その思いを満たすきっかけになってしまいます。パート中の不倫を防ぐには、夫婦のコミュニケーションや感謝の言葉を怠らないことです。妻が不倫しているか知りたいという方は、探偵の浮気調査がおすすめで、証拠を摑(つか)んで話し合いをするというのも、関係修復に向けたきっかけになるでしょう。探偵は、探偵業の届け出をした良質な業者に依頼してください。