パートに行っている妻の不倫が心配! 浮気調査や慰謝料について解説

女性が社会進出するようになり、結婚や出産後に再就職を考える機会が増えました。子どもがいる場合、働き方が限られてしまうことが多いものです。選ばれることが多いのは、パートという勤務スタイルとなっています。パートは希望する時間内で働くことができ、社会の一員になれた気持ちを抱くことでしょう。不倫というキーワードが何かと世間の話題になっていますが、パートをきっかけに出会いが増えているのも事実です。
「妻に限って不倫なんて」という思いを抱くのもよくわかります。しかし、パートは自分の時間を持てる喜びと、自由になるお金を手に入れることで、新たな自分を見出(いだ)すきっかけになっているのです。
パート中の不倫はなぜ起こるのか、パート中の不倫を防ぐための方法など、今回はパート中の不倫について徹底解説します。

  1. パートと不倫について
  2. パート中の不倫が起こりやすい理由とは?
  3. パート中の不倫を見抜くには?
  4. パート中の不倫を防ぐためのポイント
  5. 不倫の相談や調査について
  6. パート中の不倫でよくある質問
  7. まとめ

職場恋愛が昔からあるように、パート先など職場を介した出会いと不倫は今もなお続く問題です。 ダブル不倫などは問題がこじれやすい傾向にあるため、早めに不倫を見抜き、対策を講じることが大切でしょう。この記事を参考に、パート中に不倫していないかどうか、チェックしてみてください。

1.パートと不倫について

パートは女性が働きやすいスタイルであり、年々増加傾向にあります。主婦になっても社会とのつながりを持ちたいという願望が生まれることや、家計の助けとなりたいという気持ちから、パートを選ぶ方が多いのです。

1-1.増えている主婦のパート労働

子どもがいる家庭では、フルタイムで働くことができず、正規雇用が難しいものです。契約社員でも正規雇用と同じ勤務時間を強いられるため、主婦に選ばれるのは勤務時間を自分の希望に添うようにできるパートでしょう。女性の社会復帰などの支援も広がりつつあるため、主婦のパートは増えています。

1-2.不倫はパート中に起こりやすい?

パート先には丁寧に指導してくれる上司がいて、接点が多いことから恋心を抱いてしまうことがあります。夫より若い男性との出会いから、ときめきを感じてしまうこともあるのです。パート中に限らず、不倫願望を抱く人はいます。不倫したい人が集う掲示板がインターネットにあり、「不倫しませんか?」と交流を呼びかけ合うものです。不倫サイトを利用し、出会った相手と不倫を続ける人もいることを覚えておきましょう。

1-3.パート中の不倫に関する現状は?

40〜50代は、社会復帰しようと考えるタイミングと重なり、最も不倫しやすく、15%近い人が不倫を経験しています。パート先に不倫相手がいる・パートを装って不倫相手に会いに行く・パートをきっかけに妻が好きな男性を作ったなどです。不倫はパートを始めることで深い関係になることが多いでしょう。