不倫旅行を見破るポイントを一挙公開! プロに調査依頼をする方法も!

パートナーの不倫旅行を見抜く方法、ご存じですか? 「夫または妻が不倫している」という疑いを持っている人にとって、証拠探しは重要になります。浮気を明確にすることは、今後の夫婦がどのような道をすすんでいくのか決めることができるでしょう。離婚するにしてもやり直すにしても、まずは不倫の疑いをはっきりしたものにする必要があるのです。不倫を見破る一つのポイントとして、不倫旅行があります。この記事では、不倫旅行の見破り方やプロに調査依頼をする方法などをまとめました。

  1. 不倫旅行について
  2. 不倫旅行を見抜く方法
  3. 不倫旅行を見抜くチェックポイント
  4. 不倫の相談、調査について
  5. 不倫旅行にかんするよくある質問

この記事を読むことで、不倫旅行を見破るにはどうしたらよいのかが分かるはずです。不倫の証拠をつかんで早めに悩みを解決しましょう。

1.不倫旅行について

まずは、不倫旅行に行く心理や疑惑の理由などをまとめました。

1-1.不倫旅行の心理とは?

不倫をしている2人の関係は、もちろん周囲に秘密です。家族だけでなく、誰にも知られることがないよう密会を重ねていることでしょう。そんな2人が、堂々と一緒にいられることを望んで計画するのが「不倫旅行」です。誰の目も気にすることなく、手をつないだり腕を組んだりしながら歩くことができます。普段はお泊まりできなくても、旅行なら朝まで一緒にいることができるのです。不倫旅行に行く不倫カップルは、より親密な関係であることが予想されます。そこには「遊びではなく、本気の恋愛感情」があると言えるでしょう。

1-2.行きやすい時期

不倫旅行に行きやすいのは、連休が取りやすい時期です。ゴールデンウィークや夏休みなど、家族が妻の実家に帰省している合間などを狙って、不倫旅行に出かける男性が多いと言われています。また、桜や紅葉がきれいな時期などに、不倫旅行をするカップルも多いでしょう。

1-3.疑惑の理由

では、「パートナーが不倫旅行に出かけるのではないか?」という疑惑が生まれるのはどのようなときでしょうか。不倫旅行によく使われる言い訳が「出張」です。仕事であれば簡単に疑われることはありませんし、堂々と身支度をすることもできます。しかし、今までほとんど出張がなかったのに、急に出張が続くようになったときなどは、やはり怪しさを感じるものです。「本当に出張なのか?」と疑いの目を持つことは当然でしょう。そのほかにも、行動が不審になることで不倫旅行に気づく人もいます。「突然帰りが遅くなった」「休日出勤が増えた」「急にやさしくなった」など、怪しい行動には目を光らせておきましょう。

2.不倫旅行を見抜く方法

パートナーの不倫旅行を見抜くためには、不倫旅行の特徴やよくあるパターンを把握しておく必要があります。

2-1.口実やアリバイ作り

不倫旅行に出かける際は、もっともらしい口実やアリバイを作るはずです。出張や研修・実家への帰省など、普通であれば疑いようのない口実を使ってアリバイを作ります。実際に不倫旅行を経験したことがある人たちが使った口実やアリバイ作りをご紹介しましょう。

  • 友達にアリバイを頼んだ
  • 友達との旅行ということにした
  • 遠方に住んでいる友人に会いに行くということにした
  • 泊まりがけの同窓会だとウソをついた

2-2.場所や距離

不倫旅行先として選びやすいのが、温泉やリゾート地などです。非日常が味わえるのはもちろんのこと、外界と遮断されているという安心感が、不倫旅行には最適でしょう。そして、あまり遠出をしない傾向にあります。家族の急病など、何かあったときにすぐ戻れる距離である必要があるためです。

2-3.写真やお土産がない

「旅行先の写真やお土産がない」というのも不倫旅行の特徴です。写真は当然のことでしょう。万が一パートナーに見られてしまったときは、言い訳が難しくなります。お土産についても、告げていた行き先と不倫旅行先が異なる場合が多いため、買ってこない場合がほとんどでしょう。

3.不倫旅行を見抜くチェックポイント

では、不倫旅行を見抜くチェックポイントをご紹介します。

3-1.チェックポイント

パートナーの不倫旅行を見抜くために、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 旅行についての質問に対して、話をすり替えたり挙動不審になったりしないか
  • 「何を食べたのか」「天気はどうだったのか」など、帰宅後の質問にすんなり答えられるか
  • 視線が落ち着かない、早口になるなど、不自然な言動はないか
  • 宿泊先を予約した際の検索履歴が残っていないか
  • 帰宅後の持ちものをチェックし、怪しいものが出てこないか
  • 旅行中に電話をかけてみて、不自然な点はないか

3-2.コツと注意点

あくまでも、不倫旅行を疑っているそぶりを見せないようにすることが大切です。パートナーに疑われていることに気づくと、より慎重になって証拠をつかみにくくなります。そうなると、不倫を明確にするのが難しくなってしまうでしょう。むしろ、信じ切っている様子を見せることで、相手は安心しきってボロを出しやすくなるはずです。

4.不倫の相談、調査について

パートナーの不倫を明確にしたいときは、プロに相談する方法もあります。

4-1.相談や調査すべき場合

プロに不倫の相談や調査を依頼するべきなのは、以下のようなときです。

  • 自分で証拠を集める自信がない
  • 確実な証拠がほしい
  • 裁判で有利になる証拠をつかみたい
  • 法的な知識がないため、何が裁判で認められる証拠になるのか分からない

4-2.プロに依頼するメリット

プロに不倫調査を依頼するメリットはたくさんあります。まず、高確率で不倫の事実を明らかにすることができるという点です。パートナーの浮気を毎日疑って悩んでいた気持ちもすっきりするでしょう。また、自分で調べる必要がないため、時間を有効的に使うことができます。証拠を集めるために自分の時間を削る必要はないのです。プロの探偵事務所や興信所は、法律にかんする知識も豊富に持っています。何が裁判で有利になる証拠かを知っているため、非常に心強いでしょう。

4-3.どこへ依頼するか、依頼方法

不倫調査の依頼先には、探偵事務所や興信所があります。「探偵社アヴァンス」は、業界トップクラスの調査力を持つ探偵事務所です。低価格の料金設定、充実したアフターフォローが特徴ですのでぜひご利用ください。こちらから無料相談を受け付けています。

4-4.相談、調査方法

探偵社アヴァンス」の無料相談では、実際に調査を行うスタッフがさまざまなご質問にお答えしています。女性スタッフも在籍しているため、安心してご利用ください。不倫調査は、主に張り込みや尾行・追跡などによって対象者の行動を確認し、不倫相手の特定および証拠撮影などを行います。調査中は1時間ごとに、状況をメールまたは電話でご報告するシステムです。

4-5.料金相場

不倫調査を依頼した場合の料金は、依頼先によって大きく差があります。会社によって、時間料金型・パック料金型・成功報酬型というように用意している料金体系も異なるため、事前に確認しておきましょう。

4-6.注意点

不倫調査を依頼する前に、目的をはっきりとさせておくことが大切です。パートナーが不倫していることを明確にしたいのか、裁判で有利になる証拠がほしいのかなど、事前に伝えておくようにしましょう。その内容によって、調査方法も変わってくる場合があります。また、事前に自分で集めた証拠や情報がある場合は、その詳細を整理した上で伝えてください。調査の短縮が可能になる可能性があります。

5.不倫旅行にかんするよくある質問

「不倫旅行について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

5-1.出張のお土産を渡されましたが、不倫旅行ではないかと疑っています。確認する方法はありませんか?

A.お土産に書かれている店名やロゴをチェックし、インターネットで検索してみましょう。そのお店がどこにあるのかを確認し、出張先と合っているか調べてみてください。

5-2.旅行に行くということは、本気の関係なのでしょうか?

A.お金をかけて2人きりで過ごせる場所に行くのですから相当深い関係と言えるでしょう。少なくとも遊びではなく、本気の関係であると考えられます。

5-3.出張と言っていたのに交通費や宿泊費の請求が自宅にきました。不倫旅行でしょうか?

A.その可能性は考えられるでしょう。出張であれば、通常会社の経費で落とされるものです。

5-4.探偵事務所と興信所は違うのですか?

A.興信所は企業や個人の信用調査を中心に行うなど、昔は扱っている業務内容に若干の違いがありました。現在はどちらも同じ調査業として扱われており、大きな違いはありません。

5-5.夫が不倫している証拠を自分でつかむのは難しいでしょうか?

A.非常に難しいと思います。疑っていることに気づかれた場合、より慎重に行動するようになるため、証拠をつかむのが難しくなるでしょう。また、もし不倫の事実がなかった場合は、夫婦関係に大きな溝ができてしまう可能性があります。やはり法律の知識があるプロに調査を依頼した方が安心ではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか? 不倫旅行の見破り方やプロに調査依頼する方法などをまとめてご紹介しました。不倫旅行には独特な特徴があるため、パートナーとしては疑惑を持ちやすいでしょう。しかし、そこから不倫の確たる証拠をつかむためには、時間や労力が必要です。プロに依頼して調査してもらうのが一番ではないでしょうか。ぜひこの記事を参考にして、事実を明確にする方法を考えてみてください。