不倫相手の職場や住所を知りたい! その方法や慰謝料請求の手順とは?

不倫は配偶者に対する重大な裏切り行為です。配偶者の不倫に悩んでいる方はたくさんいますし、配偶者だけでなく不倫相手にも社会的な制裁を与えたいと思っている方もいることでしょう。不倫相手に慰謝料を請求することは可能ですが、そのためには不倫相手の住所などを知る必要があります。

そこで、今回は不倫相手の住所や職場などを知る方法について解説しましょう。

  1. 不倫相手に対して行うことと、してはいけないこと
  2. 不倫相手に慰謝料を請求できる基準
  3. 不倫相手に慰謝料を請求する手順
  4. 探偵業者の選び方について
  5. 不倫に対するよくある質問

この記事を読めば、不倫相手にやってはいけないことなどもよくわかりますよ。配偶者の不倫に悩んでいる方や不倫相手に慰謝料を請求したい方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.不倫相手に対して行うことと、してはいけないこと

はじめに、不倫相手について知っておくべきことやしてはいけないことを解説します。慰謝料を請求するためには、不倫相手についてどこまで知っておくべきなのでしょうか?

1-1.不倫の定義

現在の日本では、不倫を「相手が既婚者でありながら、肉体関係を持った」と定義づけています。いくら親しくても、肉体関係がなければ厳密には不倫とはいえません。ただし、「愛しているよ」とか「配偶者と別れたら一緒になろう」のように、恋愛関係になった相手にしか行わないような言動を長期間行っていた場合は、不倫と判断されることがあります。

しかし、配偶者が既婚であることを隠して、配偶者以外の人と肉体関係を持った場合、相手は被害者です。慰謝料を請求することはできません。また、不倫相手が18歳未満の場合は、たとえ相手が配偶者を既婚者であると知っていて合意の上だったとしても、慰謝料を請求することはできないので注意しましょう。

1-2.不倫相手について知っておくべきこと

不倫相手と話し合いをしたり慰謝料を請求したりしたいという場合は、次のようなことを知っておく必要があります。

  • 相手の氏名・年齢・住所
  • 相手の職業
  • 配偶者と不倫していた期間
  • 配偶者を既婚者と知っていたかどうか

職場の同僚と社内不倫をしたような場合、これらの情報は比較的つかみやすいでしょう。しかし、相手が水商売をしていたりインターネットを通じて知り合ったりしていた場合、相手の本名すらわかりにくいこともあります。相手の情報を詳しく正確に知りたい場合は、探偵業者に調査を依頼するのがおすすめです。
探偵業者の情報は正確ですから、あやふやな情報に振り回されることもありません。

1-3.不倫相手にしてはいけないこと

配偶者が不倫をしていると、配偶者よりも不倫相手に憎しみを向ける方は珍しくありません。特に、女性はその傾向が強いようです。しかし、感情のおもむくままに不倫相手を罵倒したり、相手の家へ乗り込んでいったりしてはいけません。そんなことをすれば不倫相手の態度がかたくなになるばかりでなく、自分の行為が脅迫や恐喝になってしまうこともあります。

また、不倫相手の職場に不倫していることを告げたり、不倫相手の親兄弟に慰謝料を請求することもやめましょう。不倫がばれたことが原因で会社を退職しなければならなくなった場合、不倫相手から損害賠償を請求されることもあります。

さらに、慰謝料を払う義務はあくまでも不倫相手だけにあるので、相手の親兄弟に請求することはできません。ただし、不倫相手が未成年(18,19歳)である場合は、相手の両親が法定代理人になって慰謝料を払うことになります。それが決定した場合は、両親に慰謝料を請求してもかまいません。