妻がヒステリーを起こす原因とは?穏やかな夫婦関係に向けた対処法

女性は男性と違い、感情に波があります。感情が揺れ、激しく泣き出す・叫ぶ・発狂するなど、男性からすると扱いにくい場合があるでしょう。女性がヒステリーを起こすと会話も成立しないため、話し合いも難しくなってしまいます。
新婚当初は穏やかだった妻が、ある時期を過ぎてヒステリーを起こすようになったという悩みを抱えている男性は多いものです。妻の顔を伺い、機嫌を取りながら生活するのはとてもつらく苦しい毎日でしょう。家庭に安らぎを求められず、夫は心身ともに疲弊してしまいます。

今回は、ヒステリーを起こしやすい妻の特徴・原因・対処法について。妻との良好な関係を築きたい方や妻のヒステリーに悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  1. ヒステリーな妻の特徴
  2. 妻がヒステリックになる原因
  3. 妻のヒステリーへの対処法
  4. まとめ

1.ヒステリーな妻の特徴

ヒステリーを起こしやすい妻にはいくつかの共通点があります。離婚する夫婦もいるほど、女性のヒステリーは深刻な問題です。おしとやかでおとなしい女性のように見えても、実はヒステリーを起こしやすい性格だということは、何気ない仕草や行動に表れています。

1-1.すぐに泣く

自分の理想と違う・意見を否定されることを極端に嫌がり、すぐに泣き出すタイプはヒステリーを起こしやすいとされています。すぐに泣くというのは、感情をうまくコントロールできていない証拠。夫だけではなく、女性にも嫌われやすいタイプです。
妻が泣くことで夫が思い通りに動くとなれば、ヒステリーがエスカレートするので注意しなければなりません。

1-2.見栄(みえ)っ張り

世間体を気にする見栄(みえ)っ張りも要注意です。理想と現実にギャップを抱きやすく、計画とは違う方向に向かうことを嫌がります。
ほかの家庭と自分の家庭を比較し、他人より上に行きたい・誰よりもいいものを持ちたいなど、願望が先走る傾向が強いのです。身の丈に合う生活以上のものを求め、叶(かな)わないとイラつくなどの特徴があります。目立ちたがりで、金遣いが荒い傾向もあるでしょう。

1-3.愚痴が多い

自分を正当化し、周囲を批判ばかりしている妻はトラブルが多いものです。何事も長続きせず、友人関係も持続しにくいでしょう。
たとえ夫がアドバイスしても、「私の置かれている状況が理解できないくせに! 」などと怒鳴り散らす可能性が高いのです。愚痴が多い妻は、夫への不満も多いはず。常に不平不満を抱え、自分ばかりがストレスを抱え込んでいるという被害妄想の持ち主です。
自分の子どもの学力や容姿へ求めるレベルも高い傾向があります。

1-4.自己中心的

自己中心的な性格は、夫を振り回す可能性が高いもの。自分の実家には寄りついても、夫の実家とのつきあいは嫌がる傾向があります。自分の実家への依存度も高く、頻繁に帰省することが多いのです。
家事や育児を自分の実家へ逃げることで回避し、楽して過ごそうとする気持ちが表れています。夫への関心も低く、干渉されることを嫌がるのが特徴です。

ヒステリーな妻には特徴があるんですね。
すぐに泣く、見栄っ張り、愚痴が多い、自己中心的などの共通点があります。ヒステリーを起こしやすい性格ということは、何気ない仕草や行動に表れているのです。

2.妻がヒステリックになる原因

ヒステリーを起こす妻と夫婦喧嘩をしていると、離婚という文字が浮かんでしまうことはありませんか?夫が憂鬱になる妻のヒステリーはどのようなことがきっかけで起こるのか、原因を知っておくと解決の糸口になります。

2-1.子どもの行動にイライラ

まだ小さい子どもがいる家庭では、子どもができないことが多いことへのイラつきです。見栄(みえ)っ張りなタイプな妻に目立つ行動で、できなくて当たり前のことを寛容に受け入れられず、どうしても許せないのでしょう。
子どもも母親の態度を見て育ちます。受け入れてもらえず、否定されているような気持ちになってしまうので危険です。
出産後にヒステリーを起こしやすくなる妻は、マタニティーブルーの可能性もあるでしょう。育児書に従って育てようと意気込む余り、心にゆとりがなくなっていることも考えられます。

2-2.感謝されない

妻が日常的に行っている家事や育児への感謝を、きちんと言葉にして伝えていますか?夫が仕事で評価されるのと同じように、主婦であっても評価されるべきことです。妻への評価をないがしろにし、当たり前のように感じていると妻とのトラブルが起こりやすくなります。
女性は結婚や出産を経験すると、生活が一変して今までと同じような暮らしができないのです。自由に友人と食事や外出を楽しみたいと思っても、なかなか自分の時間を持てなくなります。容姿を美しく保(たも)つ心のゆとりもなくなるため、夫に指摘されるとイライラしてしまうのです。夫は自由に過ごしているのに、自分だけ取り残されたという気持ちになっています。

2-3.話を聞いてもらえない

妻は1日の出来事を夫に聞いてもらいたいと思っています。一日中家庭で過ごし、家事や育児をこなしていると鬱憤も溜(た)まっているはずです。女性は会話をすることでストレスを発散するとされています。夫は仕事を終えて疲れていると会話することもないという家庭では、話を聞いてもらえない孤独な気持ちやイライラが蓄積しやすいので注意すべきです。

ヒステリックになる原因を知ることが大事なんですね。
子どもの行動にイライラしている、感謝されない、話を聞いてもらえない、などが原因と考えられます。これらのイライラが蓄積してヒステリーを起こすのです。

3.妻のヒステリーへの対処法

妻がヒステリックになっているからといって、夫も応戦しようとしてはいけません。お互い意地になり、喧嘩が長引いてしまいます。夫ができる対処法はあるのでしょうか?

3-1.話を聞く

穏やかになれないのは、自分を理解してくれないという思いが妻にあるからです。ヒステリーを起こす原因を聞き出すことに意識を向けてしまいがちですが、夫は否定的な発言は控え、妻の話をじっくり聞いてあげましょう。
できる限り落ち着いて話を聞き、時間をかけて妻の気持ちを受け止めてあげてください。受け身になって言葉を返さず、興奮しないようにすることがポイントです。

3-2.家庭以外で発散の場を与える

家事や育児に頑張っている妻も、何か夢中になれて楽しめることを持つと変わってきます。妻にも自由な時間を与え、家庭以外でストレスやエネルギーを発散できるようにしてあげてください。
新しい友人もでき、趣味も持つことができると家庭が円満になっていきます。家庭的な女性ほど、ストレス発散の場がなくなるのです。気持ちも内向的になり、一番身近な夫に当たりやすくなります。
妻にも好きなことをする時間と場所を与えることで解決することが多いはずです。

ヒステリックな妻に応戦してはいけないということがわかりました。
否定的な発言は控え、妻の話をじっくり聞いてあげることが大切です。また、自由な時間を与え、家庭以外でストレスやエネルギーを発散できるようにしてあげるのもよいでしょう。

4.まとめ

妻のヒステリーへの対処法をご紹介しました。

  • ヒステリーな妻の特徴
  • 妻がヒステリックになる原因
  • 妻のヒステリーへの対処法

ヒステリックになりやすい女性は、自己中心的で見栄(みえ)っ張り・すぐに泣くなどの特徴があります。ヒステリーを起こした妻とは激しい夫婦喧嘩に発展し、離婚を考える方もいるでしょう。
家事や育児に奮闘する家庭的な妻ほど、ヒステリーを起こしやすいもの。夫から感謝されない・話を聞いてもらえない・自分を理解されないなどが原因になっています。
妻のヒステリーへの対処法は、話をじっくり聞いて受け入れることと、家庭以外でストレスやエネルギー発散の場を与えることです。外へ意識を向けることで、新しい友人もできて気持ちもリフレッシュできるでしょう。