妻が夫婦生活を拒否する理由BEST3!セックスレスは解消できる!

世の中には「妻が夫婦生活を拒否している」という悩みを持つ男性が非常に多くなっています。
夫婦生活は夫婦にとって大切なもの。
妻が拒否することで、不倫に走る男性も少なくないのです。
しかし、本当は夫婦仲良しで過ごしていくのが一番でしょう。
「夫婦生活を拒否する妻の心理が分からない」と悩んでいるなら、その理由や解消法を真剣に考えてみてはいかがですか?

  • 妻が夫婦生活を拒否している
  • 拒否する理由を知りたい
  • セックスレスを解消するにはどうしたらよいのか?

なぜ妻が夫婦生活を拒否するの?

そんな人たちのために、夫婦生活を拒否する理由やセックスレス解消方法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. パートナーが夫婦生活を拒否する際のよくある理由
  2. セックスレスを解消するための方法
  3. まとめ

1.パートナーが夫婦生活を拒否する際のよくある理由

夫婦生活を拒否する

妻または夫が夫婦生活を拒否する理由にはどのようなものがあるのでしょうか。
よくある理由をまとめてみました。

1-1.出産後、セックスレスになる夫婦は多い

夫婦がセックスレスになる可能性が最も高いのは、妻の出産直後です。
最近は「産後クライシス」という言葉もよく耳にするようになってきました。
昔から、産後は夫婦関係が激変しやすい傾向にあったのです。
では、なぜ産後はセックスレスに陥りやすいのでしょうか。
産後1か月から2か月の間は「夫婦生活をしてはいけない」と言われています。
産後しばらくは痛みや傷がまだ残っているためです。
「セックスをしてまた痛くなったら…」と躊躇(ちゅうちょ)する女性の気持ちは理解できるでしょう。
しかし、その後セックスを再開する夫婦は、なんと約半数しかいません。
つまり、半数の夫婦が、妻の出産を機にセックスレスに陥ってしまっているのです。
そもそも、子供を産んだ後の女性は多忙。
子供のことで頭がいっぱい、やることが山積みで、抱えているストレスも半端なものではありません。
いくら育児に協力的な男性でも、この女性の気持ちを完全に理解するのは難しいでしょう。
睡眠も食事もままならない状況の中で「セックスをする時間があるなら少しでも眠りたい」と思うのは仕方のないことなのです。

1-2.「浮気」またはほかの男性に対する「恋心」

妻が夫婦生活を拒否する理由の1つに「浮気」があります。
浮気している妻が夫とのセックスを拒否するのは当然のことでしょう。
また、浮気はしていないものの、夫以外の男性に恋心を抱いてしまった場合も同様です。
つまり、夫から気持ちが離れてしまった場合、妻が夫婦生活を拒否することが多くなっています。
もし妻に浮気疑惑があるなら、プロに依頼して調査してもらうことも検討しましょう。
いつまでも不安を抱えたままの状態は、どちらにとってもよいことではありません。

1-3.そのほかのよくある理由

妻が夫婦生活を拒否する理由は、ほかにもたくさんあります。

  • 疲れていてそんな気分になれない
  • 夫を男性として見ることができなくなった
  • 性欲がなくなった
  • 夫のことを生理的に嫌になってしまった
  • セックスすること自体が面倒

夫婦の両方が夫婦生活を必要としていないなら問題はありません。
しかし、夫が望んでいるのに妻が拒否する場合、いずれは結婚生活そのものを揺るがすことにもなり兼ねないのです。

2.セックスレスを解消するための方法

セックスレスを解消するための方法

セックスレスを解消することで夫婦仲がうまくいくケースはいくらでもあります。
セックスレスを解消するためには、どうしたらよいのでしょうか。

2-1.性について話し合いをする

セックスレスに陥る夫婦のほとんどが「特に話し合いをしていない」ことが分かっています。
なぜセックスをしたくないのか、夫婦生活についてどう思っているのか。
聞きたいことはたくさんあるのに、拒絶されるのが怖くて聞けない男性はたくさんいるようです。
しかし、セックスレスを解消したいのであれば、夫婦一緒に解決法を見つけなければなりません。
話し合いをすることは、夫婦のコミュニケーションをとることにもつながります。
「仕事から帰っても会話をすることなく寝てしまう」「隣に座ることもない」という夫婦は、まずコミュニケーションをとることから始めましょう。

2-2.頼りがいのあるところをアピールする

妻が夫に「男性としての魅力」を感じなくなったことが、セックスレスの原因になっている可能性もあります。
結婚して何年もたち子供が生まれ、夫は「男性」ではなく「子供の父親」になってしまうのです。
同様の男性も多いのではないでしょうか。
このように、夫を異性として見ることができなくなった妻は「夫のことは人として好きだけど、セックスはしたくない」という心理を抱いてしまうのです。
解決法としては、妻に男性らしい頼りがいのあるところをアピールすること。
今まで家や子供のことを妻まかせにしてしまっていたならなおさらです。
結婚前のように妻のことを女性扱いし、男性としてのたくましさを見せてあげましょう。
そうすることで、妻はあなたを「甘えてもよい存在」として見るようになります。
そして、いずれ夫婦生活を拒否する気持ちが薄れていくでしょう。

2-3.なるべく2人きりの時間を作る

特に子育て中の夫婦は、なかなか2人きりになる時間がありません。
寝るときも子供が一緒なので、雰囲気作りも難しいでしょう。
子供が小さなうちは、24時間子供にベッタリなお母さんは多いはずです。
たまには「お母さん」から解放してあげることで、妻も女性としての立場を思い出すのではないでしょうか。

  • 結婚記念日や誕生日は2人きりで出かける
  • 子供が寝た後、2人の時間を作る
  • プレゼントを贈る
  • 子供を預けてデートをする

以上を参考にして、2人の距離を縮める努力をしてみてください。

2-4.寝室を別々にしない

子供が生まれると寝室を別にする夫婦が多くなっています。
しかし、寝室が別だとセックスレスに陥りやすいのです。
セックスレスを解消するためには、同じベッドで寝ることが必要不可欠。
寝るタイミングが一緒になるように、寝室にスマホや本を持ち込まないように気をつけましょう。
ベッドに入ったらまず夫婦の会話を楽しみ、自然と雰囲気作りができるようにすることが大切です。

3.まとめ

妻が夫婦生活を拒否する理由を解説

妻が夫婦生活を拒否する理由や対策についてご紹介しました。

  • パートナーが夫婦生活を拒否する際のよくある理由
  • セックスレスを解消するための方法

「妻が夫婦生活を拒否している」「夫婦生活を拒否する理由やセックスレス解消法を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。